初めてフェレットを飼い始めるのならばまずはフェレットの生活空間となるケージを一番に用意しなければいけませんよね。

初心者にとってはまずはどのようなサイズを用意すればいいのかなど分からない部分も多いはずです。

今回はフェレット初心者におすすめするケージについてと困った噛み癖や脱走について詳しくお教えしたいと思います。

スポンサーリンク

フェレット飼育におすすめのケージは?

まずフェレットのケージを用意する前にフェレットがどれくらいの大きさになるかを把握しておきましょう。

用意したケージが小さすぎると成長とともに買い替える必要も出てきますし、フェレットにとっては居心地の悪い家となってしまう事もあるからです。

フェレットの大きさは

  • 体長40cm程度、メスは若干小さいサイズ
  • 体重2kg程度

 

大人のフェレットでこれくらいのサイズの大きさになりますので、小柄な猫くらいを想像しておいていいかと思います。

では、この大きさでも十分飼育できるケージで押さえておきたいポイントは

 

  • 一匹のみの飼育であれば高さのあるケージは必要ありません。

    二階、三階といった縦に長いタイプのケージもあります。しかし、若くて動きも良い時期であれば高いところもへっちゃらですが、高齢になるにつれて高いところへの移動に危険性が増します。

    多頭飼いの場合は複数階ある方がお互いにストレスを与えにくくなりますが一匹の場合は特に必要はないでしょう。

    ハンモックが吊るせる高さがあれば十分です。

  • 扉はしっかりロックできるもの、開け方に一工夫いるものがおすすめ

    フェレットは学習能力が高く賢い動物です。簡単な仕組みの扉の場合、飼い主が開けているところを覚えて自分で開けてしまうこともあるようです。

  • ケージの網目の隙間は狭いものに

    厚みがあるように見えますが大半はふわふわの毛に覆われているから。

    犬用のケージくらいに隙間が空いているとするりと通り抜けることができ脱走の危険が。

 

このようなポイントを抑えたうえでケージを用意してみましょう。

ケージ全体で言うと、トイレやハンモック、餌入れが余裕で設置できる80cm程度くらいがおすすめです。

また、衛生的な環境を保つためにも自分が掃除しやすそうなものを選ぶこともポイントです。

 

▶楽天でフェレットのケージを見てみる

 

フェレットがケージを噛む?対策は?

快適に過ごせる空間として用意したはずのケージをガジガジと噛む事があります。

噛むことによって、ケージが破損したり、破損した部分でフェレットがけがをしてしまう事、歯が折れてしまうことの原因にもなります。

そこでフェレットがなぜ噛むのか?というと

 

  • 外に出たい、狭すぎる
  • 動きたい
  • お腹がすいた

 

など、何かを訴えたいときに噛むことが多いようです。

噛むからといって叱っても解決にはなりません。

要求によっての噛むという行為であれば原因を取り除くまではなかなかやめることはできないはずです。

動物ですから伸び伸びと自由にしたいはずでしょう。

ケージという狭い空間に長時間いればストレスもたまりますし、運動不足にもなります

そんな時は少し、ケージから外に出して自由にしてあげてはどうでしょうか。

一日一回位は自由に動き回れる時間を作ってあげたいものです。

もし、そんなストレス解消をしてあげても噛む場合は"ただ面白い"という理由で噛んでいる場合もあります。

ペットショップには"しつけ用スプレー"という苦い味のするスプレーがあります。よく噛む場所にスプレーをしておくと苦味で噛まなくなるというものです。

ケージの他にも家具等を噛まれる場合はこういったスプレーを活用すると良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

フェレットが脱走しないためにすることは?

フェレットは帰巣本能が低い動物とされています。

そのため、一度屋外に出てしまうと二度と帰れないということを認識しておく必要があります。

屋外には危険もいっぱいですし、餌の取り方も分からないでしょう。かわいそうな思いをさせないためにも脱走しないように対策は万全にしておきます。

普段ケージをしっかり閉めている場合であれば脱走の可能性は低いのですが、運動不足のためにケージから出してあげた時が一番脱走しやすい時です。

ケージから出すときは

 

  • 一部屋のみで遊ばせる
  • 扉や窓はしっかり閉める
  • 床下や天井に入り込めるような隙間がないか確認
  • 来客時は必ずケージに入れて応対

 

こういった注意点をしっかり守ったうえで自由に遊ばせてあげましょう。

脱走する危険性はぐっと減るはずです。

まとめ

フェレットを飼育する時に必要なケージのおすすめと飼育についての注意点でしたがいかがだったでしょうか?

ペットとしての人気はありますが、ただかわいがるだけ、餌をあげるだけではなくフェレット自身がいかに人間との生活を快適に送ってもらえるかを考えることも重要ですね。

 

フェレットの飼育方法まとめに戻る

 

スポンサーリンク
おすすめの記事