猫を飼いたい!!

どうせ飼うなら長い毛のふさふさした猫がいい!!という人も多いのでは?

長毛種は毛の手入れが少し大変ですが、それに見合う可愛さがあるものです。

そこで今回は長毛種の種類と性格・特徴をまとめてみました!!

スポンサーリンク

長毛種ってどんな猫なの?

基本的に、長毛種の猫は短毛種よりも性格が穏やかと、言われているようです。

もちろん個体差はありますが、短毛種の先祖の歴史が野生に近いことに対して、長毛種は人間によってつくりだされた品種である為、おとなしくて、おっとりとした性格の猫が多いと、されているようです。

運動量もそれほど多くないようで、狭い室内でも飼いやすいようですが、マイペースで頑固なところもあるようです。

長毛種にはどんな種類がいるの?

長毛種といっても、実は様々な猫の種類があるってご存知ですか?

それぞれ毛の色や、身体の大きさなど違いがあるようで、代表的な長毛種としては

 

  • ラグドール
  • ソマリ
  • メインクーン
  • アメリカンカール
  • ヒマラヤン
  • スコティッシュフォールド

 

などになるようで、詳しくそれぞれの性格や特徴を見てみると

ラグドール

 

ラグドールとは「ぬいぐるみ」という意味で、その名の通り、ぬいぐるみように愛らしい猫ちゃんで、

 

  • シルクのような触り心地の被毛
  • 穏やかな性格
  • 機敏さに欠け、おっとりしている
  • ブルーの瞳
  • 大型で筋肉質、6~7キロくらいまでになる

 

などが主な特徴になるようです。

機敏さにはかけるようですが、動くことは大好きなようですよ。

ソマリ

 

野性味あふれる猫ちゃんで、人気品種であるアビシニアンから作りだされた、品種のようで、

 

  • 足が長い
  • 柔らかい被毛
  • 活発であり好奇心も旺盛
  • 長毛種の中ではお手入れが楽

 

などが主な特徴になるようです。

ちょっとワイルドな見た目も人気のようですよ。

メインクーン

 

アメリカで生まれた猫ちゃんで、純血の大型の猫では最古と、言われているそうで、

 

  • 骨太で筋肉質
  • オスメスともに6キロくらいまでになる
  • 首の回りとお腹にフサフサな毛が生えている
  • 順応性が高く賢い
  • 穏やかで温厚

 

などが特徴になるようですが、遊ぶときは思い切り遊ぶ活発な面もあるそうです。

アメリカンカール

 

耳の先が、後にクルっとカールしている猫ちゃんで、抜け毛が少ないと言われているそうです。

その他の特徴としては、

 

  • 人懐っこい
  • おとなしい
  • 体重は3~5キロで少し小さめ
  • ふわふわの柔らかい被毛

 

などがあり、クルっとカールした耳がとても可愛いのですが、この耳の内側は軟骨であるため、可愛いからと触りすぎには注意が必要なようですよ。

ヒマラヤン

 

とにかく長くて美しい被毛が特徴な猫ちゃんで、同じく長毛種のペルシャ猫から作りだされた品種の猫ちゃんのようです。

その他の特徴としては

 

  • 温和な性格
  • 飽きっぽい
  • ブルーの瞳
  • 鼻がペチャっとつぶれている愛嬌満点な顔

 

などになるようで、飽きっぽいことと、もともと運動が好きではないことから、室内で静かに過ごしていることが多いようです。

スコティッシュフォールド


人気もあり、とても有名な猫ちゃんですよね。

長毛種もいますが、短毛種もいて、いずれにしても身体全体のフォルムがコロンと丸く、とても愛らしい猫ちゃんです。

その他の特徴としては

 

  • 筋肉質でがっちりとした体つき
  • 体重は3~6キロ
  • おおらかでのんびり屋
  • 人懐っこい

 

などになるようで、垂れ耳のイメージがありますが、垂れ耳なのはスコティッシュフォールド全体の30%だけ、になるそうです。

また、垂れ耳の場合は、耳垢がたまりやすいので、こまめな耳掃除が必要なようです。

気になる猫はいましたか?

どの猫ちゃんも、ぬいぐるみのような可愛さですよね!

一度触れたら、メロメロになってしまうそうですよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?長毛種の猫ちゃん、ますます飼いたくなりましたか?

少しお手入れが大変なこともあるかもしれませんが、猫ちゃんとのスキンシップタイムだと思えば、楽しい時間になるかもしれませんよね!

それに、お世話はすればするほど、愛情もわいてくるものです!

猫ちゃんも、あなたのことを大好きになるはずです。

可愛い長毛種の猫ちゃんとの、素敵な出会いがありますように。

 

猫の飼育に役立つ記事まとめに戻る

 

スポンサーリンク
おすすめの記事