高いところでも音を立てずに軽々とジャンプして走り去っていく猫の姿を見たことがあると思います。

猫のジャンプ力はとても高くて、他の動物と比べても特に高く飛ぶことができます。

猫の身体能力が高いことは知られていますが、何故そんなにジャンプが得意なのか、その秘密にせまっていきたいと思います。

スポンサーリンク

猫のジャンプ力ってどのくらいあるの?

猫はキャットタワーや塀の上など、いとも軽々とジャンプして登ることができます。

猫の身長の何倍もある高さにも、助走なしでも飛び乗ることができますが、なぜ猫はこれほどまでに高くジャンプすることができるのでしょうか。

個体差はありますが、猫はだいたい身長の4~5倍ほどの高さまでジャンプすることができます。

猫の身長はだいたい30cmほどなので、その5倍、1.5mほどジャンプできるということになります。

ジャンプが得意な猫だと、2m近くまでジャンプできるものもいます。

人間に例えると、身長160cmの人だとその5倍は約8mということになりますので、猫のジャンプ力がいかにすごいかということがわかると思います。

 

なんでそんなに高くジャンプできるの?

猫はもともと肉食動物なので、猫のジャンプ力は狩りをして獲物を仕留めて暮らしていたころの名残の能力であると言えます。

基本的には待ち伏せして襲いかかるという狩りのやり方でしたが、速く走ることや高くジャンプすることは獲物を捕らえるためにも必要な能力ですし、木から木に飛び移ったりもしていました。

そこまで体が大きくない猫は、天敵から逃げる際にもジャンプして逃げることもありました。

自然界では、俊敏に動くことができないと、食料を得ることも、捕食動物から逃げることもできないので生き残ることができません。

その頃の身体能力の名残から、跳躍力が高く俊敏に動くことができるようになったのです。

スポンサーリンク

猫のジャンプの仕組みは?

なぜ猫は自分の身長をはるかに超える高さまでジャンプできるのでしょうか。

その理由は「しなやかな背骨」と「後ろ足のキック力」にあります。

猫の背骨は人間と比べると数も多くてとてもしなやかに曲がり、弓のように曲げることや真っ直ぐに伸ばすことができます。

また、猫の後ろ足は前足に比べて長く、筋肉もとても発達しています。

この後ろ足を大きく曲げた状態から一気に伸ばすことで、ジャンプの瞬間に強力なバネの役割を果たします。

姿勢を低くした状態から、このしなやかな背骨と後ろ足のバネを使って勢いをつけて、自分の体を持ち上げることで軽々と高くジャンプすることが可能になるのです。

猫がジャンプの着地に失敗したあとにする行動って?

猫はジャンプが得意と言っても、たまには失敗することがありますが、そのとき猫はどんな行動をするかご存じですか?

実は、失敗すると何事もなかったかのようにグルーミングを始めたり、ジャンプとは何の関係もない行動をとることがあります。

これは動物行動学では「転位行動」と呼ばれるもので、動物が緊張したり動揺したりすると、一見何の関係もない別の行動をとることを言います。

全く違う行動をすることでその緊張や動揺を和らげるための反応で、動物の本能的なもののようです。

失敗したことをバレないように、照れ隠ししているように見えるので、ちょっとかわいらしくもありますね。

 

猫がジャンプできない時の原因は?

今までは軽々できていた高さにジャンプすることができなくなったり、ジャンプ自体をしなくなったときの原因はどんなことが考えられるのでしょうか。

特に高齢の猫に多くみられますが、膝や肘などの関節に痛みがある関節痛の可能性があります。

足の爪が割れていたり、腫瘍ができているということも考えられます。

このように痛みのため高いところに登らなくなり、今まで一回で登り切れていたところを中間地点を経由して2回に分けて登ったり、活動力が低下して寝てばかりになります。

そのほかには膵炎や膀胱炎なども痛みが強い病気のため、猫の活動力が落ちてジャンプをしなくなる原因のひとつである可能性があります。

ただ、動きが悪くなるのはどのような病気でも可能性があるので、そこから原因をたどることはできません。

猫の動きがおかしい、あきらかに動かなくなったなどの症状があれば、動物病院でみてもらうようにしましょう。

また、身体能力が高い猫であっても、ジャンプに失敗することもあります。

ジャンプに失敗して高いところから落ちたり滑って転んだりすると、失敗を恐れて飛ばなくなるということもあります。

まとめ

猫の脱走をふせぐために設置したフェンスを目を離した隙に飛び越えられてしまったという飼い主さんもいたり、猫のジャンプ力は侮れません。

猫がハンターだったころの名残のようですが、人間に飼われるようになってからもその能力は衰えなかったのですね。

猫のジャンプを見れば、身体能力がいかに高いかということがわかるでしょう。

家の中で飼う場合でも、ジャンプできるような場所を作ってあげたら、猫も喜んで飛び乗ると思いますよ。

 

猫の飼育に役立つ記事まとめに戻る

 

スポンサーリンク
おすすめの記事