デグーに限りませんが、ペットの住処を掃除するのは飼い主さんの役目です。

でも掃除はできるだけ手早く、負担にならないように簡単に済ませたいものですよね。

何をどのように掃除をすれば、効率よくかつ簡単にケージをキレイにできるのでしょうか。

それでは、デグーのケージの掃除方法や頻度などのポイントをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

掃除の必要性とは?

デグーは決まった場所で排せつをするわけではないので、ケージ内のいたるところがフンや尿で汚れてしまいます。

排泄物や食べカスをそのまま放置したりケージに尿が付いたままにしておくと、雑菌や害虫が発生したり、不衛生な生活環境がストレスとなり、デグーが体調を崩す原因となってしまいます。

フンにそこまでの臭いはありませんが、1週間も放置しておくと臭いが染みついて悪臭の原因にもなります。

デグーの健康のためにも、掃除はこまめにする必要があります。

 

掃除の手順は?

それでは、具体的な掃除の手順をご紹介していきます。

デグーを違うゲージに移す

まずはデグーを別のケージに移します。

ケージ内の付属品を洗う

木製のステップや巣箱、回し車、餌箱などの付属品をすべて取り外して汚れを拭き取ります。

汚れが多い場合は、ぬるま湯で使い古した歯ブラシなどで汚れを擦りとり、天日干しをします。

床の部分を外して床材を交換する

床部分を取り外して汚れた床材を捨て、付属品と同じように汚れを拭き取るか、ぬるま湯で洗って天日干しをします。

乾いたら新しい床材をセットしておきます。

ケージを洗う

ケージも汚れを拭き取るかぬるま湯で洗い、汚れがこびりついているところは擦り落とし、天日干しをします。

ケージの周りを掃除する

デグーの尿は飛び散るので、ケージの周りにも汚れや食べカス、チモシーが飛び散っていることがあります。

ケージの周りのゴミは掃除機で吸い取るか雑巾で拭き取ります。

あらかじめケージの下に新聞紙を敷いておくと掃除も簡単です。

元に戻す

しっかり乾燥させたケージや付属品を元に戻します。

全てセットしたらデグーをケージに戻して完了です。

スポンサーリンク

ケージの掃除のポイントは?

汚れは放っておくとこびりついて落しにくくなってしまうので、できるだけこまめに掃除しましょう

デグーは特に決まった場所で排せつをするわけではないので、回し車の隙間などは汚れが溜まりやすくなります。

汚れがたまりやすいところは毎日拭き取るようにすると、結果的に大掃除をするときが楽になります。

乾燥しているチモシーは細かいホコリが舞いやすく、デグーが動き回るとケージの周辺は埃っぽい状態になってしまいます。

ケージはテレビなどの電化製品からは離れたところに設置し、ケージの近くには空気清浄機を置いておくと、粉塵が舞うのをある程度防ぎ、かつ防臭効果も期待できます。

掃除を楽にするためにオススメの方法は?

掃除がしやすいケージにする

飼育ケージには様々なものがありますが、床の部分だけ引き出して取り外せるタイプのケージだと、特に汚れやすく掃除の頻度が高い床部分の掃除が簡単にできます。

床材の下にペットシーツを敷いておく

ケージの床の部分に新聞紙を置き、その上にペットシーツを敷き、そして床材や牧草を敷きます。

ペットシーツごと交換して捨てるだけなので、フンや食べカスの掃除が簡単にできます。

 

↓コチラの記事も参考に

小型のケージを用意しておく

掃除の際、部屋に放しておくこともできますが、部屋の中でフンをしたり何かをかじってしまったりすると危険です。

小型のケージをひとつ用意しておけば、掃除のたびにデグーの居場所を確保する手間が省けますし、病気の際などに病院に連れて行く時にも使うことができます。

掃除の前におやつを与える

汚れを少し拭き取りたいとか、ゲージ内のゴミをサッと取り除きたいときはどうしたらよいでしょうか。

掃除をすることに慣れてくるとおとなしくするデグーもいますが、中には掃除をしようとすると暴れまわったり、落ち着きがなく走り回ってなかなか捕まえられなくなってしまうようなデグーもいます。

その際は、掃除をする前に少量のおやつを与えるとデグーが落ち着くようになるので、その隙を見計らって作業をしてみてください。

 

↓コチラの記事も参考に

100円ショップのグッズを活用する

ケージ内のゴミやフンを取り除くのにはミニほうきとちりとり、大きなゴミや汚れたチモシーを取り除くのにはトングがあると便利です。

ペットショップで掃除専用の道具が売られていることもありますが、100円ショップで買えるものもあるのでオススメです。

どのくらいの頻度で掃除をしたらいいの?

理想としては毎日掃除をしてあげるべきなので、餌をあげるタイミングで汚れを軽く拭き取るのを日課にするといいでしょう。

それでも毎日掃除をするのは難しいという人は、2・3日に一度は床材を交換して排泄物を捨てて牧草を交換し、気になる汚れをウェットティッシュで拭き取ります。

特に排泄物に関しては1週間放置するとフンがかなり溜まってしまい、臭いもきつくなってしまいます。

1週間に1度はいつもよりきれいに掃除をし、1ヶ月に1度は、上でご紹介したようにケージ全体を洗って掃除をしてあげるようにしましょう。

まとめ

ケージをキレイな状態に保つことは、デグーの健康のためにも大切なことです。

餌をあげるのは毎日しなければならないということは飼い主さんなら誰でも意識することだと思うのですが、掃除に関しても同じように毎日しなければならないお世話のひとつです。

フンや尿の掃除などは確かに負担に感じるかもしれませんが、愛情を持ってキチンとお世話をしてあげることが、動物を飼うということの責任なのではないでしょうか。

 

デグーの飼育方法まとめに戻る

スポンサーリンク
おすすめの記事