大人気の犬種、トイプードル。

ぬいぐるみのような、その見た目の可愛らしさはもちろんですが、トイプードルの人気の理由には、性格的な「飼いやすさ」も、大きく関わってきているようです。

穏やかなのに活発で楽しいことが好き、飼い主が大好きで甘えん坊、且つ、賢い・・などなど、犬を飼うに当たり「こうだったらいいな」という理想を、多く兼ね備えている犬種になるそうです。

そんなトイプードですが、様々な毛色があるってご存知ですか?

基本のカラーは黒、白、茶色になるのですが、それ以外にもレッド、シルバー、アプリコット、クリーム、カフェオレなど、多くの毛色が存在するのです。

その中でも現在、断トツの人気を誇っているのが、レッド!

今回は、そんなトイプードルのレッドについて、調べてみました!

トイプードルは、毛色ごとに性格が違うなどという噂もチラホラ・・レッドのトイプードルの性格や特徴は?

レッドのトイプードルが可愛いのは、その見た目だけではないようです!

一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

レッドのトイプードルの特徴は?

現在JKC(ジャパンケンネルクラブ)に登録されているカラーとしては、全部で11色もの種類が存在している、トイプードル。

その中でも、現在一番人気があると言われているのが、レッドの毛色のトイプードルになります。

あのデディベアのようなカットで大人気になり、今ではペットショップで一番多く見かけるカラーとなっていますよね?

ブラウン(茶色)、レッド、アプリコットなど、茶色系の毛色が数種類存在するトイプードルですが、レッドの特徴としてはその名の通り、レンガのように赤みが強い茶色になります。

特に、アプリコットと見分けがつきにくいとも言われているのですが、アプリコットはレッドよりも、オレンジやクリームに近い茶色になるようです。

ただ、最近はレッドの人気の高さを受けて、レッドと表記したほうが高値で取引出来る為に、本当はアプリコットや色の薄いトイプードルであっても、レッドと表記して販売するブリーダーもいるそうです。

その為、信頼できるブリーダーやペットショップを見つけることも、重要になるようです。

また、レッドのトイプードルの特徴として、足が長くてスリムであることが多いそうですよ。

 

レッドのトイプードルの値段は?

さて、そんな大人気のレッドのトイプードルですが、値段はいくらくらいになるのでしょうか。

一般的なトイプードルの値段の相場としては、20~30万円前後と言われています。

その値段にカラーの人気度も関わってくる為、大人気のレッドは、やはり少し高めになるようです。

先に触れた「レッドの人気が高いから、レッドでなくてもレッドと表記するブリーダーが存在する」・・という点においても、その人気度や値段が高めであることが伺えますよね。

とはいえ、値段の設定はカラーや毛色の違いだけではなく、

  • 毛質や毛量
  • オスかメスかの性別
  • 容姿
  • 年齢や月齢
  • 体格や体質
  • 血統
  • 健康状態

などが関わってくるので、相場の20~30万円にこれらの条件が加味されて、プラスされたり、マイナスされたりするそうです。

その為「レッドのトイプードルがいくらである」とは、一概には表しにくいのですが、20~30万円でも高めのほうである・・と、思っているといいかもしれません。

中には、100万円を超えることもあるそうですが、反対に数万円で販売されていることもあるそうで、人気の犬種、且つ、人気の毛色をあまりにも安い価格で販売されている場合は、健康状態などに何か問題がある場合もあるそうなので、しっかりと確認してから迎えることが大切になるようです。

それと同時に、お迎えした以上は、一生お世話をする覚悟を持って、精一杯の愛情を注いであげてくださいね。

スポンサーリンク

レッドのトイプードルの性格は?

とにかく可愛い、可愛い見た目の、レッドのトイプードル。

先にも少し触れましたが、もちろん個体差はあるものの、トイプードルは毛色によって性格が少しずつ違うとも、言われているそうです。

可愛い、愛らしい、そんな表現がピッタリなレッドのトイプードルは、どのような性格を持っているのでしょうか。

レッドのトイプードルが持つ性格を調べてみました。

  • 人懐っこい
  • 活発で元気
  • 陽気で明るい
  • 天真爛漫

可愛いですね!

あの見た目の愛らしさだけでなく、性格まで可愛いということですよね!

近くにいてくれるだけで、家の中がグッと明るく楽しくなりそうです。

とはいえ、ちょっと「あれ?」と思う面もあるようです。

  • 協調性が無い
  • トイプードルの他のカラーに比べると、物覚えが悪い
  • 好き嫌いがハッキリしている
  • 飼い主と離れることを嫌がる
  • ワガママ

などなど・・ちょっと大変なところもあるそう。

その為、レッドのトイプードルは、先住犬がいる場合や、多頭飼いには向かないとも言われることもあるそうです。

とはいえ、個体差はそれぞれあることと、犬はその環境によっても性格は変わってくるようです。

小さい頃から愛情を持って、遊びはもちろん、しつけや安心感を与えていくことで、きっとその見た目の通り、可愛くて愛らしい性格になっていくはずですよ。

レッドのトイプードルは退色するとアプリコットになるの?

トイプードルの大きな特徴、退色ってご存知ですか?

被毛の色が次第に薄くなっていくことを退色といい、個体差にもよりますが、生後数か月ではじまることもあるようです。

栄養面、日光、シャンプー、ストレス、トリミングなど様々な理由が言われていますが、明確なことは、解明されていないようで、体の全体の毛色が薄くなるというよりも、体の一部の毛色が薄くなっていくことが多いようです。

特に、レッドやアプリコットなどは、その毛色が誕生してからの時間がまだ浅い為、遺伝子が安定しておらず、年々その毛色が薄まっている傾向にあるようです。

ブラウンの場合はレッドに、レッドの場合はアプリコットに、アプリコットの場合はクリームに変化しやすいと言われているそうです。

トイプードルは、様々な毛色やカラーを掛け合わせて繁殖させている為、色の濃さや薄さ、退色の際の変化の仕方も様々になるようですが、血統書を見ると先祖三代目までが記載されています。

なので、血統書を確認してみて、その先祖が全て同じ毛色であれば、比較的安定しているとも言われているそうです。

例えば、レッドのトイプードルの場合、そのトイプードルの父、母、祖父、祖母、曾祖父、曾祖母の毛色が、全てレッドであれば、比較的退色しにくいと、されているようですよ。

とはいえ、基本的にはトイプードルは、退色は避けては通れないとも言われています。

色が変化していくことも個性と受け入れて、愛犬の毛色やカラーの変化を楽しむくらいの気持でいることが、愛情へと繋がっていくのかもしれません。

どんなカラーであっても、可愛い家族であることには、変わりはないはずです。

一生涯、たっぷりの愛情を注ぎ続けてあげてくださいね。

まとめ

大人気と言われている、レッドのトイプードルの特徴などを見てきました。

その見た目だけでなく、性格も天真爛漫!

可愛いという意味合いの形容詞を、すべてまとめたような特徴を持っていることがわかりましたよね、まさに愛されキャラ!

最初のしつけは少し大変かもしれませんが、そんなところも、変わっていく毛色やカラーも、丸ごと愛してあげてくださいね!

あなたとレッドのトイプードルちゃんとの、素敵な出会いが訪れることを、祈っています。

スポンサーリンク
おすすめの記事