まだまだ一般的なペットとしての認識は低いですが、室内飼いできるかしこいペット"デグー"はご存知ですか?

ハムスターとネズミを合わせたような容姿で少しずつ飼育数も増えているようです。

今回はこのデグーに少し興味を持っている人、興味をもったばかりで具体的な飼育環境が分からないといった初心者の方に向けて必要なものなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

デグーの飼育に必要なものは何?手軽に準備できる?

まず飼育する前に考えることは飼育する環境の準備についてでしょう。

デグーの飼育に必要なものをリストにしてみましょう。

  • ケージ
  • フード、水入れ
  • ベッド(巣箱)
  • 床に敷く牧草やおがくず
  • 回し車、齧り木
  • 砂(砂浴び用)

などが必要になってきます。

こう見るとハムスターを飼育するときに用意するものと大差はないようなので手軽に手に入りそうなものばかりです。

その中で違う点は、ケージには高さが必要(60cm~)といった事に気を付けて選ぶと良いでしょう。

ハムスターよりも大きいサイズですから回し車も大きなサイズになります。

そして、動きもダイナミック。砂浴びも派手にやりますので深さ、大きさがあると良いですね。

とにかくよくかじるので、プラスチックでできた回し車は壊れやすくなります。

出来る限り木製のものを選ぶと安心です。

フード入れも陶器製にしたり水入れのボトルはケージの外から取り付けられるよう工夫ができるものを選ぶと良いようです。

 

デグーのケージ

デグー飼育にかかる費用はどれくらい?

ペットの飼育を考える時には費用面も重要です。

デグーを飼うにあたってかかる初期費用や毎月にかかる費用、臨時的なものについておおまかにみていきましょう。

初期費用

デグー

5000円~20000円程度。

毛色が珍しいものは当然高くなります。

ペットショップで購入するのか、ブリーダーさんから直接購入するのか、輸入したりする等によって差が出てきます。

ケージ等環境設備

  • フード、水入れ1000円以内
  • 齧り木(かじりき)1000円前後
  • 回し車2000円前後
  • 砂浴びセット1000円~1500円程度
  • 牧草200gで500円前後
  • ケージ10000円~

大体この程度の値段で揃えられるようです。

 

かじり木

このように個々で揃えていくのも楽しいものですが、すべての備品をセットにし、すぐにでもデグーをお迎えできる"デグー飼育セット"というものも20000円前後で販売されています。

飼い忘れを防ぎたい、手間をかけたくないという人にはこちらのセットを使ってみてはどうでしょうか。

消耗品代

毎日の餌や掃除の際の床材の取り換えも必要です。

フードは1か月500円~1500円程度です。

トイレのしつけは出来ないデグーですので汚れたらこまめに掃除をするため牧草やおがくずをこまめに取り替えます。

こちらは1か月あたり500円~1000円程度です。

一年あたり20000円前後かかるくらいですね。

臨時でかかる費用

冷房、暖房費

デグーは発汗による体温調整はできません。20℃前後が一番快適に過ごせます。

そのため、20℃を下回る時や28℃を超えるような寒さ、暑さが厳しい時にはエアコンで調整をしてあげる必要がでてきます。

日によっては一日中稼働しておかなければいけない事も出てくるでしょう。

デグー飼育には他のペットと比べても入手しづらい設備もなく、飼育のための費用も特別高いというわけでもないようですね。

スポンサーリンク

デグーの医療費について知っておきたい事

どんなに健康でも時には病気をすることや怪我をする事もあり、病院へ通う事もあるでしょう。

そんな時に必要となってくるのが"医療費"です。

これはどんなペットにもかかってくる費用ですが、デグーだからこそ考えておきたい費用です。

デグーはまだ一般的なペットの分類に入らないため、お近くの動物病院での診察ができない事があるかもしれません。

そういった時には医療費に加えて交通移動費もかかってきます。

一般的に動物の診療費は高額になることが多く、ペット保険に加入する事の検討もあるでしょう。

こういった対策も費用の一つとして考える必要がありますね。

他にもデグーがなりやすい病気として

  • 糖尿病
  • 不正咬合

もありますので健康診断なども定期的に行っていく方が良いでしょう。

何かあった時にすぐに診てもらえるかかりつけ医、費用の捻出についても考えておかなければいけませんね。

まとめ

デグーを飼育するにあたって準備するものでしたがいかがだったでしょうか?準備するもの、費用については一般的なペットとの開きは大きくないようですね。

ペットショップなどで十分揃えられるものばかりでした。

しかし、まだまだ一般的なペットとしての人気はこれからのようです。

病気の治療等に関してなど浸透していない部分があるという事は注意しておきたいですね。

 

デグーの飼育方法まとめに戻る

スポンサーリンク
おすすめの記事