丸いお顔と、丸い黒いオメメが印象的な、カワウソ。

とても愛らしい顔をしていますよね!

動物園や水族館では、大人気の動物のようです。

そんなカワウソですが、実はペットに出来る種類があるって、ご存知でしたか?

「え?あの可愛いカワウソを、家で飼うことが出来るの?」

ちょっと驚いてしまいますよね!

今回はペットに出来るカワウソの種類や、その値段、寿命などをまとめてみました。

一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

カワウソでペットに出来る種類とは?

カワウソには、オオカワウソ、ニホンカワウソ、ユーラシアカワウソ、コツメカワウソなど、様々な種類があるのですが、その中でペットとして飼うことが出来るのは、コツメカワウソになるそうです。

ただし、コツメカワウソの数は世界的に減少していて、絶滅危惧種に指定されている為、ワシントン条約により輸入はほぼ不可能だそうです。

日本国内で人工的に繁殖されたコツメカワウソのみが、流通しているようです。

また、日本と名の付くニホンカワウソが気になるところですが、昔は日本全国の水辺にカワウソが生息していたそうですが、環境の変化や乱獲などにより、その数は減少してしまい、2012年の8月に正式に絶滅宣言されたようです。

 

 

コツメカワウソってどんなカワウソなの?

ペットに出来ると言われている、コツメカワウソ。

いったいどんなカワウソなのでしょうか、気になりますよね!

まずは大きな特徴として、その名の通り「小さな爪のカワウソ」のようです。

その他の特徴としては、

 

  • ネコ目イタチ科のツメナシカワウソ属
  • 体重は2.7キロ~5.4キロでカワウソの中で最小
  • 頭は丸く平べったい
  • 鼻の先端が出ていて耳は小さめ
  • 人懐っこくて表情も豊か
  • 賢いのでしつけも覚えられる
  • コミュニケーション能力が高い
  • 好奇心が旺盛で遊ぶのが大好き

 

などになるようです。

とても賢いので、犬と並ぶパートナーとも、言われているようです。

スポンサーリンク

コツメカワウソはどこで買えるの?

ペットショップなどへ行かれたことがある方は、ご存知かもしれませんが、カワウソを販売しているショップは、なかなか見当たらないですよね?

コツメカワウソは、かなり入手が困難な動物になるそうです。

本来、コツメカワウソは2歳を過ぎると繁殖期が始まり、一年を通して出産することが出来るそうです。

しかも2ヶ月ほどの妊娠期間で、一回に2~6頭の子供を産むそうです。

ならば、たくさん流通してもいいのでは?と、思いますよね、ところが、人間の飼育環境のもとでは、その繁殖はかなり難易度が高くなってしまうそう。

その為、一般のペットショップで流通することは、まず考えられないようです。

 

珍しい動物を扱うようなショップや、専門のショップに相談するといいようですが、それでも年に数回程度の入荷状況がほとんどだそうです。

「いつかコツメカワウソを飼いたい」と、考えている場合は、何年も前から早めに専門のショップ等に相談しておいたほうがいいようです。

コツメカワウソの値段は?

そんな、繁殖が困難で入手が困難とされている、コツメカワウソ・・そのお値段はいくらくらいするのでしょうか。

一般的な相場としては、60~100万円になるようです。

やはり、他のペットと比べると、かなりの高額ですよね!

年齢などの条件によっては120万円以上することもあるようです。

最低でも60万円・・これから劇的に繁殖が増えることも考えられないので、当分この価格が下がることはないそうです。

 

↓コチラの記事も参考に

コツメカワウソの寿命は?寿命を延ばす為に気を付けることは?

ペットとしてお迎えして共に暮したら、出来る限り長く一緒にいたいものですよね!

コツメカワウソの寿命はどのくらいなのでしょうか。

また、その寿命を少しでも延ばし、出来る限り長く一緒にいる為には、どうすればいいのでしょうか・・調べてみました。

コツメカワウソの平均寿命は10~15年になるそうで、長いと20年くらい生きることもあるそうです。

また、コツメカワウソに長く生きてもらう為に、気を付けるべきこととして、コツメカワウソはストレスが原因で食欲不振に陥ってしまうことが多いそうなので、ストレスケアに気を付けてあげる必要があるようです。

まず、ストレスになり得る原因としては

 

  • 飼育場所が狭い
  • 水遊びが出来ない
  • 遊び足りない

 

などになるようで、それぞれの対策としては

飼育場所が狭い

理想の飼育場所の広さとしては、野生下と似ているような飼育場所がいいようです。

具体的には

 

  1. 水遊びがじゅうぶんに出来る大き目なプールを用意する
  2. その隣に幅70センチ×奥行70センチほどのスペースの巣箱を用意する
  3. 干し草や布を置き、身体を拭くスペースも用意する(コツメカワウソは巣箱が濡れることを嫌う為)

 

などがいいようです。

プールと巣箱・・けっこうなスペースが必要なのですね!

水遊びが出来ない

コツメカワウソは水辺に生息している動物なので、水遊びが出来ないとストレスが溜まってしまうそうです。

最低でも、一日に一回は水遊びをさせる必要があるようで、やはり専用のプールか子供の用のプールを用意してあげるといいようすが、なければお風呂の浴槽でもいいそうです。

遊び足りない

コツメカワウソは、好奇心旺盛で遊ぶことが大好きなようです。

その為、出来る限りたくさん遊んであげたり、おもちゃや遊ぶ場所を用意してあげたりするといいようです。

コツメカワウソは頭もいいので、飼い主の洋服のポケットを探って中から物を出したり、ポケットのチャックを開けてしまったりすることもあるそう!

わざとポケットや蓋つきの入れ物などに、おもちゃや餌などを隠して、頭を使った「宝探しゲーム」なども喜ぶようですよ。

 

飼育のスペースや水遊びなど、ちょっと大変そうなこともありますが、遊びが大好きでポケットを探っちゃうだなんて、とても可愛いですよね!

コツメカワウソの賢さに、驚いてしまいました。

広めのスペースでたっぷり遊んであげて、上手にストレスケアをしてあげましょう!

また、もうひとつ重要なこととして、コツメカワウソは診てもらえる動物病院が少ないので、飼う前には必ず診てくれる病院を探しておくことも大切なようです。

 

まとめ

コツメカワウソ・・愛らしいのは、あのお顔だけでなく、性格もかなり愛らしいのですね!

知れば知るほど、可愛くてファンになってしまいました!

とはいえ、やはり飼うには、かなりの覚悟が必要な感じもします・・。

経済的なこと、飼育スペースのこと、動物病院の問題・・様々なことをきちんとクリアしたうえで、お迎えするようにしましょう!

可愛いコツメカワウソと、素敵なご縁があるといいですね。

 

小動物の飼育に役立つ記事まとめに戻る

スポンサーリンク
おすすめの記事