大人気の犬種、トイプードル。

ぬいぐるみのような容姿やつぶらな瞳が、たまらなく可愛いですよね!

ペットショップではもちろん、ちょっと外を歩けば、テクテクとお散歩をしているトイプードルに、よく遭遇するのではないでしょうか。

そんな人気の高いトイプードルですが、実はけっこう値段の違いがあるって、ご存知でしたか?

最高だと100万円を超える値段のトイプードルがいるのに対して、数万円ととても安い値段で販売されているトイプードルもいるそうです。

その違いは、なぜ生まれるのでしょうか。

毛色で違いがある?オスやメスなど性別でも違う?

今回は、そんなトイプードルの値段の違いについて、調べてみました。

皆同じように可愛いトイプードルなのに、なぜその違いが生まれるのか。

一緒に見て行きましょう!

スポンサーリンク

トイプードルの値段の相場はいくらくらいなの?

まず、トイプードルの平均的な値段や相場としては、大体20~30万円になるそうです。

トイプードルは現在とても人気の高い犬種になる為、そもそもこの20~30万円という値段も、他の犬種に比べると少し高めになるようです。

その中で、さらにトイプードルのスタンダードと言われる基本形の容姿の基準に近いことや、時代の流行などにより、5~100万円ほどの違いが生じるようです。

100万円の違いとは、かなり大きいですよね。

同じトイプードルなのにこの値段の違いは・・と思うと、少し切なくなってきます。

なぜこのような違いが生じてくるのか、具体的な要因や理由について、説明していきたいと思います。

毛色による値段の違いとは?

トイプードルのカラーと呼ばれる毛色、かなりの種類があるってご存知でしたか?

  • レッド
  • アプリコット
  • ブラウン(カフェオレ)
  • ホワイト
  • シルバー
  • ブラック

など様々な種類があり、値段の違いのひとつの理由としては、その毛色によって値段が変わってくるそうです。

値段が高くなる毛色としては、

  • レッド
  • アプリコット
  • ブラウン

になるそうで、先に触れましたが、トイプードルの一般的な値段の相場としては、20万円からとなることが多いのですが、これらの毛色のトイプードルについては、そこから5万円ほど高くなり25万円以上の値段が相場となっているそうです。

ただ、これはその時の「流行」によって、変わってくることが多いようです。

スポンサーリンク

オスとメスによる値段の違いもあるの?

そうなのです!実はオスとメスの性別の違いによっても、値段が変わってくるそうです!

とはいえ、これはトイプードルに限ったことではなく、どの犬種にも共通していることなのですが、オスとメスとではメスの方が、価格が高くなるそうです。

なぜ、でしょうか、オスとメスとの値段の違いは3万円~大きいと10万円もの違いが生じることもあるのだとか。

理由を調べてみました。

  1. ブリーダーが、メスは繁殖の為に手元に置いておくことが多い為、メスが市場に出回ることが少ないから
  2. オスはマーキングなどをする為、トイレトレーニングが難しいと言われているから
  3. メスの方が、甘え上手なうえに、性格も穏やかで大人しく飼いやすいと言われているから
  4. メスの方が、身体が小さいから

などがあるそうです。

ただ、もちろん個体差もあり、特に性格についてはオス、メスとではくくれない「持って生まれた個性」なども大きく関係しているそうです。

ちなみに、私の周りのオスのワンちゃんは、飼い主さんのお膝の上が大好きで、甘えん坊な性格の仔が多いですよ。

トイプードルの値段の違い、他の要因もあるの?

トイプードルの値段の違い、大きな要因としては毛色や性別になるのですが、その他にも様々な要因があるようです。

どんなことがあるのかというと、

  • 毛質・毛の量
  • 体の大きさ
  • 血統の良さ
  • 容姿

などになるようです。

色々な要因があるのですね、具体的に見ていきましょう。

毛質・毛の量

毛色だけではなく、毛質や量なども値段の違いに関わってくるそうです。

トイプードルは毛質がしなやかで、毛の量が多いほうが、値段が高くなるそう。

これには、トイプードルは「トリミング」と言って、様々なカットスタイルでお洒落を楽しめることが関わってきているようです。

しなやかなで毛の量が多いほうが、トリミングがしやすい為に、値段も高くなってくるようですよ。

体の大きさ

最近の流行としては、体が小さければ小さいほど人気が高く、値段も高くなるそうです。

現在はティーカッププードルと呼ばれる、ティーカップサイズのトイプードルが一番小さなサイズとなり、体の大きさは2キロ以下で、値段は30万円以上にもなるようです。

ただ、親の大きさを見て体の成長具合を予測する為、実際に成長してみたら、思ったよりも大きくなった・・ということも、有り得るそうです。

血統の良さ

「JKC(ジャパンケンネルクラブ)」が定めている、様々な規定に当てはまるかどうかでも値段が変わってくるようです。

もちろん、規定に当てはまることで値段は高くなるのですが、それ以外にも、父母や祖父母がドッグショーなどでチャンピオンになるなどの血統を持ったトイプードルは、値段が高くなるそうです。

その理由としては、血統が良い祖先がいることで将来、理想的なトイプードルの容姿になる可能性があるからだそうですよ。

容姿

容姿や見た目の良さも、値段の違いの要因となるようです。

とはいえ、そのほとんどが「流行」によるものであることが多いそうで、現在人気の容姿としては

  • マズルが短め
  • 丸顔
  • 目がクリっとしている

などが人気なようで、顔のパーツがバランスよく真ん中に集まっているなどもポイントになるようです。

また、もともとトイプードルは足が長めの犬種ではあるのですが、最近は短足のトイプードルの人気も高いそうです。

値段が安いトイプードルがいるのはなぜ?

容姿や大きさ、毛質や血統などで、その値段がグンと高くなるという、トイプードル。

中には100万円を超えるトイプードルもいるということでしたが、反対に「え?なんでこんなに安いの?」という、トイプードルもいるそうです。

その理由としては、

  • ミスカラーである
  • 「でべそ」である
  • 噛み合せが悪い
  • 成長し過ぎている

などになるようです。

何だかちょっと切なくなる理由ですね・・ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

ミスカラーである

JKC(ジャパンケンネルクラブ)は「一単色」であるトイプードルを公認の毛色としている為、体の一部に白い毛が生えているなど、毛色が混ざっているトイプードルはミスカラーとして、値段が安くなるそうです。

ただ、海外などでは「ミスカラーは個性」として、最近人気が出てきているようですよ。

「でべそ」である

臍ヘルニアという病気が原因で、「でべそ」であると値段が安くなるそうです。

成長することで自然に治ることもまれにあるそうですが、多くの場合は外科の手術が必要になるようで、親指の先位の大きさから、中にはリンゴの大きさくらいにまでなることもあるそうです。

「でべそ」であることを発見したら、早めに動物病院に相談する必要があるようですよ。

噛み合せが悪い

口の噛み合せが悪いことでも、値段が安くなるそうです。

具体的には

  • 下の歯が前に出ている「アンダーショット」と呼ばれる受け口
  • 上の歯が前に出ている「オーバーショット」と呼ばれる出っ歯

などがあり、いずれにしても噛み合せが悪い状態と判断されて、値段が安くなるそうです。

成長し過ぎている

一般的には若ければ若いほど人気が高いので、パピーと呼ばれる赤ちゃんのトイプードルの方が、値段が高くなるそうです。

その為、生後6ヶ月を過ぎると、値段が5~10万ほども安くなるそうです。

パピー期特有の可愛さがあることと、自分で一から躾けたいと思うことから、若いトイプードルの方が人気になるようです。

ただ、中には「少し成長して、落ち着いた時期を迎えたトイプードルを飼いたい」という飼い主さんもいるようですよ。

まとめ

トイプードルの値段は、様々なことで高くなったり安くなったりと、違いが生じてくることがわかりました。

どのドイプードルも、皆同じように生きていることには変わりないので、少し切なくなってしまいますが、だからこそ、どんな値段のトイプードルであれ、お迎えしたからには精一杯の愛情を注いであげることが、大切なのかもしれませんよね。

たとえ、当初想像していた毛色と違う毛色になったとしても、聞いていた話しより体が大きくなったとしても、縁あって迎えた可愛いトイプードルです。

私達飼い主の手で、幸せな一生を送らせてあげましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事