猫の耳ダニって、聞いたことありますか?

耳ダニ感染症・・正確には「耳疥癬(みみかいせん)」という病気を引き起こすダニのことなのですが、主に猫の耳の中に寄生してしまうそうです。

猫が耳を気にしていたら、耳ダニが寄生している可能性があるようで、とても強い痒みを引き起こす為、猫は辛い思いをしているかもしれません。

あなたの猫ちゃんは、大丈夫ですか?

今回は猫の耳ダニについて、原因やその症状、治療法や予防法までを調べてみました。

あなたの可愛い猫ちゃんに、辛い思いをさせないように、しっかりチェックしてきましょう。

スポンサーリンク

耳ダニってなに?

そもそも耳ダニとは、何なのでしょうか。

耳ダニとは、猫の耳の中に寄生するダニのことで、そのほとんどがミミヒゼンダニと、呼ばれるダニになるそうです。

猫に寄生するダニとしては、ネコショウセンコウヒゼンダニと呼ばれるダニもいるのですが、こちらは全身に寄生し、皮膚を破って体内に侵入するのに対して、このミミヒゼンダニは、主に耳の中に寄生するそうです。

主な特徴としては

 

  • 大きさは3ミリ程度
  • 耳垢や、耳の中のカサブタ、リンパ液、血液を餌とする
  • 繁殖力が旺盛で耳の中で、次々に繁殖する
  • 吸血した時にできた傷が痒みを引き起こし、この傷にダニの糞などが入って外耳炎となる

 

などになるそうです。

このミミヒゼンダニが、猫の耳に寄生することで引き起こす症状を、耳ダニ感染症、耳疥癬と呼ぶそうです。

耳ダニが寄生するとどんな症状になるの?

耳の中に耳ダニが寄生すると、とにかく強い痒みを発症するそうです。

その為、感染してしまった猫は、この痒みをどうにかしようと、様々な行動を起こすそうで、具体的には

 

  • 頭を強く振る
  • 壁や床などに耳のあたりをこすり付ける
  • 後ろ足でひっかくように掻く

 

などを起こすようになるようです。

あまりにも強く掻いてしまう為、傷がついたり出血したりすることもあるそうです。

さらに症状が進むと、炎症が激しくなる為、

 

  • 強い悪臭がある膿が出る
  • 黒い耳垢(ダニの糞や死骸や卵)がたまる
  • 痒みが全身に広がる
  • 目の周りも炎症が起こる
  • 慢性の外耳炎になる
  • 中耳炎や内耳炎になり運動障害や聴力を失う

 

などになることもあるそうです。

スポンサーリンク

耳ダニが感染してしまう原因は?

耳ダニとは、かなり厄介なダニのようですよね、想像するだけで、痒くなってきますよね。

そのうえ放っておくと、怖い病気を引き起こす可能性もあるようです。

この耳ダニは、いつ、どんな時に感染してしまうのでしょうか。

主な原因は3つになるようです。

 

  • 耳ダニに感染した動物に触れた
  • 耳のお手入れが足りない
  • 外に出た際に草むらなどに触れた

 

ひとつずつ見ていきましょう

耳ダニに感染した動物に触れた

耳ダニは感染力が、とても強いダニのようです。

特に、不衛生なところで生活をしている野良猫と触れることで、感染してしまうことが多いそうです。

耳のお手入れが足りない

飼い主による、猫の耳のお手入れ不足も、原因になることもあるようです。

耳垢がたくさんたまった耳は、耳ダニの大好きな環境となってしまうそう。

また、お手入れ不足は、ダニの感染に気付きにくい為、発見が遅れてしまう原因にもなります。

日頃から、猫の耳のお手入れをきちんとしてあげることが、大切なようです。

外に出た際に草むらなどに触れた

お散歩の習慣があったり外に出たりする習慣のある猫は、草むらなどに触れることで、耳ダニが寄生してしまうことがあるそうです。

草むらは、耳ダニだけでなく、多くの虫が生息している可能性があります。

出来れば、室内飼いを徹底したほうが望ましいようです。

耳ダニの治療法は?

耳ダニが寄生してしまった場合、どのような治療をすればいいのでしょうか。

しっかり治すことはできるのでしょうか。

まずは、早急に動物病院に連れて行って、動物病院で治療を行ってください。

様々な治療薬が市販されていますが、素人が勝手に判断して使うのは、とても危険です。

病院で診てもらい、根気よく治療を続けることで、耳ダニの完治は可能なようです。

その病院での治療法としては

 

  • 耳の洗浄
  • 駆除薬の投与
  • 場合によっては抗生剤

 

などになるようで、詳しく見てみると

耳の洗浄

耳垢がある状態では、ダニの住みかになってしまうことと、耳垢がある状態で駆除薬を投与しても、効果が期待できない為、まずは耳をきれいにして、ダニを減らしていくそうです。

駆除薬の投与

現在は皮下に点滴をするタイプなど、様々な駆除薬があるそうです。

耳の洗浄を行った後に、駆除薬を投与して、ダニを駆除するようです。

獣医師によって治療の進め方は様々なようですが、一定期間は駆除薬を投与することが多いようです。

場合によっては抗生剤

耳に傷があったり、炎症があったりする場合には、抗生剤や塗り薬などで、治療を行うこともあるようです。

治療期間はどのくらいかかるの?

先にも少し触れましたが、耳ダニの駆除は「根気よく続ける」ことが必要なようで、症状が軽くても、1ヶ月は治療期間にかかるようです。

耳ダニは存在する様々なダニの中で、特に駆除に時間がかかるダニと言われているようで、その理由としては

 

  • 繁殖力が強い
  • 耳ダニの卵には駆除薬の効果がない

 

などがあるようで、特に耳ダニの卵に関しては、卵を残したまま治療を止めてしまうと、その後に卵がかえって、再び発症してしまうこともあるそうです。

その為、卵が孵化して成虫になるまでの約3週間は、しっかりと駆除をしていく必要があるようです。

耳ダニって感染するの?

耳ダニは感染するのでしょうか、多頭飼いの場合、気になりますよね。

答えは「感染する」、しかも、あっという間に感染してしまうそうです。

なので、一匹の猫が耳ダニに感染していた場合は、その猫だけを病院に連れて行くのではなく、飼っている猫、すべてを病院に連れて行く必要があるそうです。

 

病院によっては「飼っている猫すべて連れて来るように」と、指示するところもあるそう。

それくらい感染力の強い耳ダニ。

 

家の中で「うつしあいっこ」にならないように、徹底的に治療してもらうことが、大切なようです。

また、私達人間にも感染するかどうかは、様々な見解があるようですが、人間にも感染する可能性があるそうです。

ただ、繁殖力は弱く、症状としてもとても軽いようです。

耳ダニの予防法は?

猫が耳ダニに感染すると、痒くて辛いうえに、繁殖力や感染力も強く、とても厄介であることが、わかりましたよね。

何より痒い、痛いは、猫自身がかわいそうです。

耳ダニに感染しないようにする為には、どうすればいいのでしょうか。

どんな予防法があるのでしょうか。

私達飼い主に出来ることは、

 

  • 出来れば外に出さない
  • お手入れをきちんとする
  • 部屋の中を綺麗にする

 

などが、あるようです。

ひとつずつ見ていきましょう

出来れば外に出さない

耳ダニの原因は、外からの感染なので、一番の予防法としては「完全室内飼いにする」ことになるようです。

そうすることで、耳ダニ以外の感染症や、事故なども防げますよね。

どうしても、それが不可能なら、定期的に駆除薬を使うことが大切なようです。

お手入れをきちんとする

耳そうじだけでなく、きちんとブラッシングをしてあげることも、耳ダニの予防や早期の発見になります。

スキンシップも兼ねて、定期的にお手入れやチェックをしてあげてくださいね。

部屋の中を綺麗にする

実は私達飼い主が、外出先からダニを付けて帰ってきてしまうこともあるそう。

なので、部屋の中もきちんとお掃除をすることも大切で、特に猫のお気に入りの場所や布団などは、丁寧にお掃除をしたほうがいいそうです。

猫を外に出していなくても、耳ダニに感染してしまうことはあるそうなので、部屋の中を綺麗にしておくことが、とても大切なようです。

まとめ

猫の耳ダニ・・とても怖いですよね。

可愛い猫ちゃんの、可愛い耳が、耳ダニの住みかになってしまっては、大変です!

しっかり予防をすることと、万が一、感染してしまったとしても、根気よく治療を続ければ完治するようなので、しっかりサポートしてあげてくださいね。

早期発見も大切!お口の効けない猫ちゃんです、スキンシップをとりながら「どこか異常はないかな」と、しっかりチェックしてあげてください。

 

猫の飼育に役立つ記事まとめに戻る

スポンサーリンク
おすすめの記事