金魚を飼育する上で重要なのがバクテリアです。

大きなゴミや汚れはろ過装置で取り除くことができますが、より金魚に適した環境の水質にするにはバクテリアが必要不可欠です。

普段の生活では感じることのないバクテリアですが、バクテリアとはどういうもので、なぜ必要なのかを解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

金魚の飼育に必要なバクテリアって何?

バクテリアは魚などにとって有害な物質を分解してくれる微生物です。

虫眼鏡でも見えないような小さな生き物で、水槽内の底砂や石、ガラス面にいたるまで、あらゆる物の表面に付着しながら増えていきます。

このバクテリアが水を浄化し、水槽内の調和した環境を作り出しているのです。

バクテリアに種類はあるの?

バクテリアには好気性バクテリアと、その反対の性質を持つ嫌気性バクテリアに分けられます。

それぞれの特徴をご紹介します。

好気性バクテリア

金魚のフンなどの排泄物からはアンモニアが発生します。

アンモニアは魚にとって有害で、アンモニア濃度の高い水中では魚は生きていけません。

好気性バクテリアによってこのアンモニアは分解され、亜硝酸に変わります。

この亜硝酸も毒性がありますが、好気性バクテリアは亜硝酸も比較的害の少ない硝酸塩に分解します。

嫌気性バクテリア

嫌気性バクテリアは、硝酸塩を窒素に還元して気化させ、空気中に放出させて水槽の中からなくすことができます。

酸素を必要とする好気性バクテリアとは異なり、嫌気性バクテリアは酸素の少ないところで繁殖します。

繁殖しすぎると水中の酸素が減ってドブ川のような臭いがしてきて、金魚にとって危険な状態となってしまいます。

スポンサーリンク

バクテリアの効果は?

水槽の中の水は、金魚のフンや食べ残した餌、枯れた水草などで汚れ、放っておくと金魚にとって有害なアンモニアが発生します。

アンモニアが増えないように水換えをできるなら心配ないのですが、そう頻繁に水換えをするのは手間がかかります。

このような有害な物質を取り除き、水換えの頻度を減らすことができるのがバクテリアなのです。

バクテリア剤にデメリットはあるの?

市販されているバクテリア剤を使用することに大きなデメリットはありません

日にちをかければ自然とバクテリアは発生・増殖していきますが、バクテリア剤を使用することによってバクテリアが早く増殖し、水槽立ち上げまでの時間が短縮できるというものです。

したがって、早くバクテリアを増殖させたいなど必要性を感じる場合は使ってみてもいいかもしれません。

使用した場合と使用しなかった場合とでそこまで差がないという可能性もあるので、使用の可否については個人で判断しましょう。

いつバクテリアを投入するの?

バクテリアは空気中から侵入したり水草に付着して入ってきて、環境に問題がなければ増えていくのですが、十分な量になるまでは時間がかかります。

 

  • 新しく水槽を準備して立ち上げるとき
  • 水換えをしたとき
  • 金魚が病気になって薬浴したとき(薬剤でバクテリアが死滅してしまうため)

 

このようなタイミングでバクテリアを投入すると効果的です。

バクテリアを入れすぎた時の対処法は?

バクテリアは魚にとって有害ではありませんので、多少の入れすぎであれば問題はありません。(一説には問題になってくるのは規定量の10倍くらいかららしいです。)

よって特段の対処法はありません。

しかし余にも入れすぎると水が白濁したり、バクテリアが酸素を消費して金魚が酸欠になる恐れがあるので、水中の酸素量を増やすことを意識したほうがよいかもしれません。

また、どうしても気になる場合は水替えをしてバクテリア濃度を下げる事も1つの手かもしれませんね。

 

↓コチラの記事も参考に

バクテリアの増やし方は?

まずはエアレーションをから回しし、好気性バクテリアが必要とする酸素の多い環境を作ります

そして「パイロットフィッシュ」を泳がせておきます。

丈夫な魚を一匹だけ泳がせておくことにより、この魚のフンによってバクテリアに必要なアンモニアができて、効率よくバクテリアが増えていくことができます。

バクテリアを定着させるには?

バクテリアは石や水草など、水中にある物の表面に付着しています。

つまり、付着する物がたくさんあるか、その表面積が広いとそれだけ多くのバクテリアが増殖していくことができます。

底砂を入れれば、その砂の一粒一粒がバクテリアの住処となって効果的に増殖し、水質が安定してきます。

 

↓コチラの記事も参考に

水槽のバクテリアの確認方法はあるの?

バクテリアは目に見えないくらいの大きさなので、肉眼で見ても当然わかりません。

確認したいのなら、アンモニアや亜硝酸を試薬類で測定するなどして水質検査をする必要があります。

もしくは、バクテリアが増殖するとレンガ色に変わるろ過材も市販されています。

まとめ

金魚にとって、バクテリアはとても大切な役割を果たしているということがわかっていただけたでしょうか。

金魚を飼うだけなのにこんなことをしないといけないの?と思うかもしれませんが、ただ水槽や水草などの設備があればいいというわけではありません。

バクテリアは金魚にとっての空気清浄器みたいなものです。

金魚に快適な環境を作ってあげるためにも、水質管理の一環としてバクテリアにも気をつけてみてください。

 

金魚の飼い方まとめに戻る

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事