街でよく見られる犬種のコーギー。よく見かけるという事はとても飼いやすい性格をしているのでしょうか?

これから新たに犬を飼おうと犬種に迷っている方、候補としてコーギーも挙がっているのかもしれませんね。

今回はコーギーの値段や性格について知ってもらいましょう。

スポンサーリンク

コーギーってどんな犬?値段はどれくらい?

コーギーとはどのような犬かわかりますか?

 

  • 胴長短足
  • ピンとなった大きな耳
  • ふわふわ、モコモコとしている

 

こういった容姿の特徴を思い浮かべるのではないでしょうか。

だいたい体長30cm位、体重15kg前後で中型犬サイズの枠組みに入りますね。

ずんぐりむっくりとした体形はとても愛嬌があり、人気の犬種であることは間違いないでしょう。

 

コーギーには2種類あり

「ウェルッシュコーギー・ペンブローク」

「ウェルッシュコーギー・カーディガン」とあります。

 

日本ではほぼ「ウェルッシュコーギー・ペンブローク」が流通しているので、普段私たちが見かけるコーギーはこちらの種類の方です。

この二種類は大きくかけ離れた容姿をしているわけではなく、ちょっと「カーディガン」の方がより体格も、耳も大きく、しっぽは切り落とされていないという特徴がある程度です。

 

こちらの方は日本のペットショップで売られていることはほとんどないので海外から個人的に購入することになります。

一般的である「ペンブローク」の値段はペットショップであれば10万円~20万円で買う事ができます。

しかし、両親が数々のレースを制している、賞を受賞しているなど優秀な血統だとされるものであればブリーダーさんを通して2.30万円以上の値がつくこともあるようです。

コーギーの性格の特徴はどんなもの?

個体差や性別によって多少変わってきますが、コーギーは

 

  • とても賢い
  • 飼い主に忠実
  • 好奇心旺盛
  • いたずら好き、やんちゃ
  • 社交的で人懐こい
  • 興奮しやすい

 

という性格の犬種のようです。

この中には人との共存にうまく合わせてくれそうな性格を持っていますよね。

賢くて、飼い主に忠実なところはペットとして飼うにはとても良い特徴ばかりを持っていると言えそうです。

人懐っこくて人見知りをあまりしないコーギーは子供達とも仲良く一緒に遊ぶ家族の一員としてすぐ馴染めそうですね。

 

スポンサーリンク

性格に合わせたしつけが最も重要。コーギーのしつけ方とは?

コーギーはペットとして飼うにはとても良い犬なのですが、性格上しつけがしづらい部分もあります

それは、吠え癖、噛み癖があるというところでしょう。

この癖をどうやってしつけをしていくかが、犬の飼育が初めてという人には難しいところなのかもしれません。

元々、牧羊犬として活躍をしていたコーギーです。

群の羊に向かって吠える、道を外れた羊に対しては噛みつくといった牧羊犬としてでは非常に大事な特徴なのですがペットとしてはとても困る癖ですよね。

 

飼い主のみならず、近隣の住人や通行人にかみついたりしては一大事です。

吠え続けることも住宅密集地ではとても迷惑になりますよね。

そのため、"きちんとしつけができる"ことがコーギーを飼うための第一の条件にもなるでしょう。

 

いくらかわいいペットでも、悪い事をしたらきちんと叱ることをします。

"まだ幼いから"、"かわいい顔をしているからついつい叱れない"、ではダメなのです。

無駄に吠えるのであれば口元をつかみ、目を見て"だめだ"という事を分からせてあげましょう。

一度や二度ではなく、根気よく続けることが大切になってきます。

コーギーは賢い犬ですから中途半端に叱るのをやめたり、しつけをしないとなると「どうせこの人は怒ることないのだ」と判断し、飼い主を甘くみてしまうかもしれません。

 

こういったきちんとしつけができる、甘やかさないという事ができるのであれば犬を飼う事が初めての人でも十分飼いやすい犬種といえるでしょう。

まとめ

以上がコーギーについてでしたがいかがだったでしょうか?よく見かけるコーギーもしつけのしづらさというものがあるのですね。

しつけが上手くいくという事は犬との信頼関係も強いものともなります。

どの犬種にも当てはまることですが、きちんと飼い主がしつけをしていくことは重要な義務ですのできちんと守って飼育するようにしましょうね。

スポンサーリンク
おすすめの記事