ハムスターに似た可愛い見た目とリスのような動きが、とっても愛らしい、デグー。

小さな体で実はとても賢く、飼い主に懐くことでも注目を集めていて、最近では、飼い主の手の上でゴロンと寛いでいたり、飼い主から気持ちよさそうにマッサージを受けたりしている様子の動画なども、話題になっているそうです。

小動物なのにその寿命が6~10年と比較的長寿であることも、その人気の理由のひとつになっているのだとか。

あなたもそんな可愛いデグーが、気になっているのですね!

とはいえ、デグーっていったい、いくらくらいするの?デグーに種類ってあるの?種類によって特徴も違うの?色々と気になるところだと思います。

今回は、そんなデグーの種類や、その種類ごとの値段や特徴を調べてみました。

あなたのハートを射止めるデグーは、いるでしょうか・・一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

デグーって種類があるの?

はい、デグーにも種類があるのです!

ひとことで「デグー」と言っても、カラーなどから種類が分かれているそうで、日本で主に飼育されている種類としては、

  • アグーチカラー(ノーマル)
  • ブルーカラー
  • パイドカラー

になるようで、飼育されている数としては、アグーチが一番多く、次いでブルー、パイドの順になるようです。

また、その種類によって値段や特徴なども少しずつ違ってくるようなので、さらに詳しく見ていきましょう!

 

アグーチカラーの値段や特徴は?

先にも触れましたが、日本で一番多く飼育されている種類になります。

別名ノーマルとも呼ばれ、毛色は茶色で、その毛をかき分けると濃いグレーの毛が生えているそうです。

主な特徴としては

  • 値段は4,000~10,000円ほど
  • 野生のままの色を保ち、人工的に繁殖されたのではない為、身体が丈夫
  • 野性味が強い為、運動能力や身体能力が高い

そもそも「アグーチ」とは、南米に生息する「綺麗な毛並みをしたモルモットに似た動物」のことで、野生のデグーが、このアグーチと呼ばれる動物に毛並みが似ていることから、「アグーチカラー」と言われるようになったそうです。

スポンサーリンク

ブルーカラーの値段や特徴は?

全身が、青みがかったグレーの色をしたデグーになり、幼少期は茶色で成長していくにつれてグレーに変化することもあるそうです。

このブルーカラーは、アグーチカラーのデグーをかけあわせ、突然変異で誕生したと言われていて、主な特徴としては

  • 値段は7,000~20,000円
  • ペット用に改良された色になり、色の濃さも個体により様々
  • アグーチよりも毛質が柔らかい
  • アグーチよりも性格が穏やかで

などになるようで、ペット用に改良された為、野性味が少なく飼育しやすいと、言われているようです。

パイドカラーの値段や特徴は?

Pide=パイドとは「まだら模様・多色」の意味があり、その名前の通りアグーチカラーとブルーカラーが混ざったデグーになるそうで、ペットショップなどでは「パイドデグー」や「デグー(色変わり)」などと表記されていることが多いそうです。

アグーチとブルーのカラーの割合や模様などで、さらに種類が分かれているようで、その配色の割合や模様などによって、価格も変わってくるようです。

また、パイドカラーのデグーも、ブルーカラーと同様にペット用に改良された為、野性味が少なく性格も穏やかで飼育しやすいと、言われているそうです。

パイドカラーの主な種類を見ていきましょう

  • パッチドアグーチ(アグーチパイド)
  • ホワイトパッチドアグーチ
  • パッチドブルー(ブルーパイド)
  • ホワイトパッチドブルー

などになり、それぞれの特徴としては

パッチドアグーチ(アグーチパイド)

茶色のアグーチカラーに白色のパイド(まだら模様)が入ったデグーになり、白色よりも茶色の割合が多いカラーになり、値段は10,000~15,000円程になるそうです。

ホワイトパッチドアグーチ

アグーチカラーに白いパイド(まだら模様)が入ったデグーになるのですが、茶色よりも白色の割合の方が多いカラーになるそうで、先に挙げたパッチドアグーチ(アグーチパイド)と同じ種類とされることもあるようです。

値段は20,000~30,000円程になるそうです。

パッチドブルー(ブルーパイド)

ブルーカラーに白色のパイド(まだら模様)が入ったデグーになり、白色よりもブルーの割合の方が多いカラーになり、値段は15,000~20,000円程になるようです。

ホワイトパッチドブルー

ブルーカラーに白色のパイド(まだら模様)が入ったデグーになるのですが、ブルーよりも白色の割合の方が多いカラーになるそうで、先に挙げたパッチドブルー(ブルーパイド)と同じ種類とされることもあるようです。

値段はグッと上がって、25,000~35,000円程になるそうです。

ブルーカラーやパイドカラーのデグーは体が弱いの?

実はブルーカラーやパイドカラーのデグーは、ペット用にと人の手によって改良された品種の為、野生のままのアグーチカラーのデグーよりも、体が弱いという話しもあるそうです。

詳しく説明すると、アグーチが優先遺伝子になる為、

  • 両親の片方がアグーチとの交配で産まれた
  • ブルーやパイドの遺伝子を持っていても、アグーチとの交配で産まれた

このようなデグーは、全てアグーチカラーになってしまうそうで、ブルーカラーやパイドカラーのデグーを産ませたい場合は、両親がブルーカラーやパイドカラー同士でなければならないそうです。

ところが、そもそもブルーカラーやパイドカラーのデグーは数が少なく、交配するとなると近親同士となってしまい、その近親交配の結果として

  • 小柄で体が弱く病気がち
  • 流産や難産が多い
  • 寿命が短い

といったデグーが多いと、言われているそうです。

とはいえ、最近ではデグー人気の高まりとともに、

  • ブルーやパイドの血統も増えている
  • きちんと管理しているブリーダーもいる
  • 個体差もある

などから「ブルーカラーやパイドカラーでも、丈夫なデグーも増えている」とも言われているそうです。

大切なのは、購入の際にしっかりショップやブリーダーと話しをして健康状態を確認したうえで、納得してから購入することなのかもしれませんよね。

まとめ

デグーはカラーや模様によって、価格が違うことがわかりましたよね。

お気に入りのデグーはいましたか?

デグーはとても賢い為、愛情をかければかけるほど飼い主に懐き、たくさんのコミュニケーションをとれるようになるそうです。

ぜひ、お気に入りのデグーを探して、たっぷり愛情をかけて、楽しい生活をデグーと共に送ってくださいね!

 

デグーの飼育方法まとめに戻る

スポンサーリンク
おすすめの記事