猫が草を食べる?なんて猫を飼い始めて間もない方にとっては驚きのことでしょう。

どんな草が良いのか、果たして草を食べるという事は害にならないのかわからない事もたくさんありますよね。

今回は猫草が猫にどのような影響を与えているのかを調べてみました。

スポンサーリンク

猫草とは

猫草とは猫が様々な理由により、食べる草の事です。

長細く、背の高いイネ科の草が一般的なようです。

小さな口の猫でも食べやすく、とてもやわらかな草ですが先の方がとがっています。

 

猫草の効果

猫草の効果は

毛玉の排出

グルーミングという舌でなめて毛のお手入れをするときに飲み込んで体内にできた毛玉を吐き出すため

草の先端のチクチクが喉や胃を刺激して吐きやすくします。

胃腸を整える

胃腸が調子悪い時の胃薬として本能的に食べることもあるようです。

毛玉の排出と同じように、体調を悪くしている体の中の悪いものを早く出すためです。

ストレス解消

おもちゃとしての役割もあります。

単純にピョンピョンと動く草を噛むことが楽しくストレス解消につながります。

 

といった理由が大きく考えられています。

しかし、猫が必ず猫草を食べるというわけではなく興味を示さない猫もいますが心配はいりません

食べなくても大丈夫だからです。

当然、野良猫は猫草を用意されているわけでもありませんが元気に過ごしていますので必ずいるというものでもないのです。

それでも毛玉の排出が気になる場合、最近はペットフードの中に毛玉を排出しやすい成分の入ったものもありますのでチェックしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

猫草は子猫にいつから与える

猫草は幼すぎる子猫に与えると消化が出来ずに体調不良を起こす原因にもなります。

そのため、与えるのであれば1歳を過ぎた頃を目安とします。

初めて与える時は下痢等の異変がないかどうか気を付けておきましょうね。

猫草を食べ過ぎるとどうなる

成猫でも猫草を食べすぎることによって吐く回数が多くなったり、下痢がひどくなったりします。

毛玉の排出というメリット以上に、体調の悪化という心配なことになりかねません。

吐く回数が多いと、栄養の吸収も十分にいきませんし体力の消耗にもなります。

そういった時はしばらく猫草をお休みしましょう。

 

猫草が大好きな猫には、飼い主が制限をしてあげます。

猫草を見えない場所に隠したり、一日一回しかあげないなどをして気をつけてあげましょう。

 

猫草を吐いたり下痢する時の対処

猫草を食べると吐くというのは効果としてのことですが、吐きすぎる・下痢が続くといったときは猫草を中止しましょう。

もしかすると体質に合わないのかもしれません。

様子を見て獣医さんに診てもらうことをお勧めします。

中には猫草と思って食べていたとしても猫にとって有害な植木・草を誤って食べている事もあるようです。

 

↓コチラの記事も参考に

種からの猫草の育て方

猫草を種から育てるものには簡単なキットも売られていますが、一つずつ用意したい時に必要なものは何でしょう。

 

  • 植木鉢
  • 土(野菜用の土等、猫が口にしても安全なもの)

 

猫草の種はホームセンターや百円ショップ、ネットなどで購入できます。

これらを準備しておきます。では、簡単に手順を説明しますね。

 

  1. 植物の種と同じように発芽しやすいように種を一晩水に浸けておきましょう。(この作業は省いて②から始めても良いでしょう)
  2. 土を鉢にいれ、種をまきます。密集して生える方が食べやすいためぎっしりと種をいれると良いです。種の上に1cmくらい土をかぶせます。
  3. 後は土が乾燥しない程度に水やりを行います。(霧吹きを使うと便利です)
  4. 出来るだけ明るい、直射日光の当たらない場所に置きます。

 

この手順で、約1週間程度で猫が食べられるほどの背丈に育ちます。

 

猫草を長持ちさせるコツ

すでに育っている猫草の場合はどうしても枯れやすくなってしまいます。

茶色くなった部分をカットしても長くても1週間程度しか持ちません。

 

長持ちをさせたいのであれば、自宅で種から育てた方が断然長持ちします。

たくさん種を植えている場合、2か月程度は持つそうですのでその差は歴然ですよね。

まとめ

猫に猫草は必ずいるものではないけれど、本能的に欲する猫もいることが分かりましたね。

初めて与える時は飼い猫が猫草に興味を持つかどうかがポイントとなってくるようです。

もし食べなかったとしても猫が活発に元気であるのであれば無理に与えなくても良いようですね。

 

猫の飼育に役立つ記事まとめに戻る

 

スポンサーリンク
おすすめの記事