イカの丸焼き、イカのお刺身・・イカ、美味しいですよね!

人間の私達にはたまらない食べ物です!

でも、猫にイカはダメ、猫にイカなどは与えてはいけない・・そんなイメージがありますよね?

「猫がイカを食べると、腰を抜かす」そんな言葉も聞いたことがあります。

猫とイカの関係、本当のところはどうなのでしょうか。

また、なぜイカはダメだと言われているのでしょうか。

万が一、食べてしまったら?

そんな、「猫とイカ」の不安や疑問を解消すべく、色々と調べてみました。

一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

猫にイカがダメな理由

猫にイカはダメと言われていますが、食べても大丈夫なイカと、大丈夫ではないイカがあるそうです。

そもそも、なぜ猫にイカがダメだと言われているかというと、イカに含まれる「チアミナ-ゼ」という成分が原因なのですが、そのチアミナーゼはビタミンB1を分解する作用がある酵素で、このチアミナーゼが猫の健康に害があると言われているようです。

そして、このチアミナーゼは過熱していない「生のイカ」に多く含まれている為、猫にイカは与えてはいけないと、言われているようです。

生のイカに含まれるという、チアミナーゼ。

ビタミンB1を分解する酵素のようですが、なぜ、このチアミナーゼは猫に良くないと言われているのでしょうか。

まずビタミンB1とは

  • ブドウ糖と結びつき体を元気にする
  • 疲労を回復する

などの働きがあり、猫にとってとても大切な栄養になるのですが、猫はあんなに小さな身体なのに、私達人間の7倍ものビタミンB1が必要なのだとか。

そんな猫にとって大切なビタミンB1。

そのビタミンB1を分解する働きのある「チアミナーゼ」を、猫が過剰に摂ってしまうと、ビタミンB1が不足してしまう「ビタミン欠乏症」という病気になってしまうそうです。

 

ビタミン欠乏症の症状としては

  • 元気が無い
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 脱毛
  • 口内炎
  • 目がうつろ
  • うなだれる
  • 足腰が立たなくなる

などの症状が表れる為、この様子から「猫がイカを食べると、腰を抜かす」と言われるようになったようです。

また、さらに症状が進むと、

  • 異様な鳴き方をする
  • 動かなくなる

などとなり、最悪のケースとしては死亡してしまうこともあるようです。

猫が生のイカを食べた時の対処法は?

猫がスーパーで買ってきた、お刺身用のイカを食べちゃった!

チアミナーゼをたっぷり含んでいる可能性がある、どうしよう!

ちょっと目を離した隙に、テーブルにあった生のイカを食べてしまったのですね、チアミナーゼを含んでいる様子。

先にも触れましたが、最悪の場合、死に至ってしまうこともあるので落ち着いて行動しましょう。

まず、動物病院にすぐに電話をして指示をあおぎ、すぐに病院に連れて行ってください。

先に挙げた症状が見られなくても、食べたことが確実ならその必要があります。

食べて1~2時間程度であれば、病院で

  • 嘔吐を誘発させて吐かせる
  • 胃を洗浄する

などの処置が出来るようです。

  • いつ食べてしまったのか
  • 量はどれくらい食べたのか
  • 何を食べたのか

などを正確に獣医師に説明できるように、しっかりと把握しておいてください。

 

猫に与えてはいけない食べ物をチェック!

スポンサーリンク

猫が食べてもいいイカとは?

猫の体に良くない、チアミナーゼ。

実はこのチアミナーゼは、鮮度のいいイカなら含まれていないのだとか。

イカが新鮮なうち、例えば海から釣り上げられたばかりの、まだ透明のうちのイカなら、大丈夫なようです。

とはいえ、私達がよく目にするのは、スーパーなどで並んでいる白い色のイカですよね?

そうなると、鮮度は古くなってしまっているので、多量のチアミナーゼを含んでおり、猫に与えることは出来ないようです。

結局猫にイカはダメなんだなと思ってしまいますが、実は加熱されたイカなら大丈夫だそうです!!

猫に加熱したイカは大丈夫!

実は鮮度のいい「生のイカ」以外にも、猫が食べてもいいイカがあります。

それは、加熱されたイカです。

猫にとっては脅威なチアミナーゼですが、実はこのチアミナーゼは熱に弱いそうで、実はイカには

  • タウリン
  • たんぱく質
  • カルシウム
  • DHA

などが含まれていて、栄養素的にはチアミナーゼさえなければ、猫にとっては決して「悪」な食べ物ではないそう。

なので、イカを与える場合にはイカを焼いて、チアミナーゼを殺菌してしまえばいいそうです。

とはいえ、加熱後もほんの少量のチアミナーゼが残ってしまうことがあるそう。

そもそもイカは消化が悪く、猫が消化不良により下痢や嘔吐を起こしてしまう可能性もあります。

猫にイカは与えないほうが安全・・与えるにしてもごくごく少量にして、必要な栄養素はキャットフードから摂る方が安心のようです。

まとめ

猫とイカとの関係、解明されましたか?

イメージとしては「猫にイカなんて絶対にダメ!言語道断!」な、感じを抱いていたのですが、意外にもそこまで「ダメ」ではないのですね。

とはいえ、新鮮で透明なイカなどはなかなか入手できないものですし、消化も良くないイカですから、それほど猫にとってはおススメの食材ではないようです。

そんなところが「猫にイカはダメ!」と、イメージを強く植え付けられている所以なのかもしれませんよね。

様々な食べ物のクセを知って、美味しくて安全な「食ライフ」を、猫ちゃんに提供してあげてくださいね!

 

猫の飼育に役立つ記事まとめに戻る

スポンサーリンク
おすすめの記事