メダカを飼育する上で欠かせない作業が水換えです。

水換えは面倒であまりやりたくないことですが、定期的にする必要があります。

メダカにとって水はまさに「命の水」で、水質が悪化すると生命の危機につながります。

水質を適切に管理しないと、飼育が簡単と言われているメダカでも長く生きていくことはできません。

それでは、メダカの水換えで必要なものや気を付けることをご紹介していきます。

スポンサーリンク

メダカの水換えの方法と必要な道具は?

まずは、水換えの際に必要な道具を用意します。

  • 水を溜め置くバケツ
  • カルキ抜きした水
  • ポンプ(専用のものor新品の灯油用のポンプの口にガーゼをつけて輪ゴムでくくったものなど)
  • 目の細かい網
  • タオルや雑巾

以上のものが用意できたら、さっそく水替えを始めましょう。

 

それでは次に水換えの手順をご説明します。

水槽内の水を抜く

ポンプを使って、水槽内の水を3分の1ほど抜き取ります。

この時、ポンプでメダカを吸い込まないように注意します。

水槽内に溜まっているメダカの糞やゴミもできるだけ一緒に吸い出しましょう。

網を使って水槽内のゴミを取り除く

水を抜き取ったときに取りきれなかった糞やゴミを取り除きます。

砂底をかきまぜないよう、静かに動かしましょう。

汚れている壁面を拭く

タオルや雑巾で水槽内の汚れている壁面を拭きます。

メダカが驚かないよう、なるべく波立たないようにゆっくりと静かに拭きましょう。

水を水槽内に入れる

カルキ抜きして温度を合わせた水を、砂底が舞い上がったり水草が抜けたりしないよう、少しずつ静かに水槽内に入れます。

一気に入れるとメダカが驚いてしまうので注意しましょう。

 

これで水換えは完了です。

水換えはメダカにストレスを与えてしまうので、できるだけストレスをかけないような方法を心がけましょう。

 

水換えの頻度はどれくらいなの?

水換えの頻度は、飼育している容器の大きさ、メダカの数、季節などによって異なりますが、ここでは季節ごとに目安となる水換えの回数をご紹介します。

  • 春と秋:2週間に1回
  • 夏:1週間に1回
  • 冬:水換えはしない

夏はメダカも活発で、餌もよく食べて糞も増えるので、水換えの頻度を増やします。

冬はメダカが冬眠して餌もほとんど食べなくなるので、水換えは控えます。

これは季節ごとの目安ですので、水量に対してメダカの数が多いほど水質の悪化は早くなるので、水換えの頻度は多くなります。

一定の期間ごとに水換えを行い、メダカにとって良い環境をキープしてあげられるようにしましょう。

スポンサーリンク

冬にも水換えはするものなの?

メダカは水温が10度を下回るようになると活動量が低下し、冬眠に入ります。

冬眠中は餌も食べず、ほとんど動かずにじっとしています。

水質も極端に悪化することはないので、冬眠の邪魔をしないよう、水換えは極力しないほうがいいでしょう。

屋内で飼育していたり、ヒーターで加温していて、メダカが冬眠せずに餌を食べているようなら、適宜水換えをする必要があります。

 

↓コチラの記事も参考に

水換えが不要な場合もあるの?

屋外飼育など水鉢で飼育していて、水草などの植物と水中の生き物との生態系が整っていると、基本的に水換えは不要な場合があります。

水辺の生態系を人工的に再現したものを「ビオトープ」と言い、水草やバクテリアなどの浄化作用だけで水はきれいに保たれるので、水換えはせずに蒸発した分の水を足すだけで循環し続けることができます。

 

↓コチラの記事も参考に

メダカの水換えの時に底砂はどうする?

通常の水換えの時には、底砂はそのままにしておきます。

底砂には水を浄化する作用があるバクテリアが付着しており、洗ってしまうとバクテリアがいなくなってしまいます。

底砂の汚れがひどく、底砂を棒で突くとゴミが舞い上がるようならば洗いましょう。

まずはバケツなど別容器に水槽の水を移し、その中にメダカも移します。

次に底砂を取り出して洗いますが、バクテリアを殺さないように、水槽内に残っている水で軽くもみ洗いをします。

洗い終わったら水槽内に戻し、バケツに移しておいた水とメダカを戻して終了です。

 

↓コチラの記事も参考に

水換えの時にカルキ抜きは必要?

水換えに使用する水はカルキ抜きが必要です。

カルキ(塩素)を中和するために、水道水をバケツなどに汲み置いて、一昼夜置いておきます。

新しく入れる水の温度が違うとメダカにショックを与えてしまうので、水温を水槽内の水と同じくらいにするために、できれば水槽の近くに置いておくとよいでしょう。

すぐに水換えをしたい時は、専用の中和剤を利用することもできます。

水換えの後の餌やりについて

水換えをした後は、餌はしばらく与えないようにします。

水槽内の飼育環境は水換えをする前とした後で大きく変わってしまいます。

メダカはその変化した環境に慣れようとしますが、そうするとメダカの体に負荷がかかっていることになります。

そんな状態でメダカは餌を食べると、消化するためにまた体に負荷がかかります。

環境の変化による負荷と、消化のための負荷が二重にかかってしまうことになります。

また、水換えによってそれまでいたバクテリアも減っており、水質浄化の効果は以前ほど期待できなくなります。

食べ残した餌が水質を悪化させるリスクが高い状態です。

1~2日は餌をあげるのを控え、様子を見てから餌をあげるようにしましょう。

 

↓コチラの記事も参考に

まとめ

メダカを飼育していると、食べ残した餌や糞、腐った水草などが原因で水質はどうしても悪化してしまいます。

水換えはただ古い水と新しい水を入れ換えるだけではありません。

少し面倒な作業ではありますが、メダカを長く楽しむためにも、定期的な水換えで水質管理を怠らないようにしましょう。

 

メダカの飼育方法まとめに戻る

 

スポンサーリンク
おすすめの記事