猫は牛乳が好きというイメージがありますよね。

でも、最近では猫に牛乳を飲ませるのはよくない・・・ということも聞きます。

それでは、猫に牛乳を与えてもいいのか、牛乳を与えるとしたらどのようなことに注意すればいいのか、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

猫に牛乳をあげてはダメなの?

キャットフードが食べられる猫なら、無理して牛乳を飲ませたり、毎日飲ませる必要はありません

食が細い猫や高齢の猫でキャットフードを十分に食べられない場合などであれば牛乳を与えてもいい場合もあります。

猫によっては牛乳が大好きな猫もいるので、一度あげてしまうと次も!もっとちょうだい!と要求してくる猫もいます。

食欲がなかったり、どうしても欲しがる猫は、心配であれば獣医さんに牛乳を与えてもいいか相談してみましょう。

その場合も、オヤツとしてたまにあげるとか、しつけをした後のご褒美であげるくらいにしたほうがいいかもしれません。

猫に牛乳がダメな理由

牛乳にはたんぱく質、ビタミンA、カリウムなどが豊富に含まれている栄養満点の飲み物です。

でもそれは人間にとっての話であり、猫にとっても体に良いことばかりかと言われると必ずしもそうではありません。

人間でも牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするという体質の人もいるように、猫でも牛乳が合う・合わないと個体差があります

栄養価が高いにも関わらず、安易にあげてはいけないと言われるのは、次のようなデメリットがあるからです。

下痢になる

個体差はありますが、牛乳に含まれる乳糖を分解する「ラクターゼ」という酵素が少ない猫がいます。

この体質の猫の場合、牛乳を飲むと下痢を起こしてしまいます。

 

↓コチラの記事も参考に

肥満になる

牛乳は脂質が多く含まれていてカロリーが高く、飲みすぎると肥満の原因となります。

 

↓コチラの記事も参考に

心臓に負担がかかる

牛乳に含まれるナトリウムイオンという物質が、特に高齢の猫や心臓が悪い猫においては心臓に負担をかけてしまいます。

牛乳を飲むと体に異常をきたしてしまう猫もいるので、その場合はもちろん牛乳を与えるのはやめましょう。

牛乳を飲んでも特に何ともない猫の場合は与えても大丈夫ですが、その場合も注意すべきことがあるので、ご説明していきます。

スポンサーリンク

猫に与えても安心な牛乳は?

猫用のミルク

お腹が弱い猫には、乳糖がカットされている猫用のミルクがあります。

猫に必要な栄養素も入っているので安心して飲ませることができます。

脂肪の少ない牛乳や薄めた牛乳

カロリーが気になる、たくさん欲しがる猫には、低脂肪乳や無脂肪乳、またはスキムミルクにすれば脂肪分の過剰摂取を控えることができます。

または牛乳を水で少し薄めたものを与えましょう。

牛乳以外の乳製品

ヨーグルト、カッテージチーズなどは乳糖の含有量が少ないので、下痢になりやすい猫にはオススメです。

ヨーグルトのホエー(液体部分)には乳糖が含まれているので、ホエーは除いてからあげるようにしましょう。

猫に牛乳を与えるときの注意点とは?

与える時は常温で

冷蔵庫から出したての冷たいものやホットミルクではなく、常温にしたものを与えるようにしましょう。

冷たすぎると下痢を引き起こしますし、温めたものは猫の胃の中で膜をはって消化不良になってしまいます。

おやつ程度で

牛乳は高カロリーなので、おやつ程度に少量与えるくらいにしましょう。

本来、水分補給は水で十分です。

牛乳を与えたときは、ごはんの量を少なめにするなど、一日の摂取カロリー内で調整するようにしましょう。

初めて与えるときは少量ずつ

先ほど述べたように、牛乳が大丈夫な猫とお腹を壊してしまう猫がいます。

初めて牛乳を与える場合には、健康状態が良い時に少量ずつ与えて、便の様子などを観察するようにしましょう。

子猫は特に注意

子猫は体が小さいので、少量でも体に影響が出やすいです。

もし下痢をしてしまったら、他の栄養素も体外に排出されてしまいますし、体力の消耗も激しくなります。

体調の変化など、充分に注意して与えるようにしましょう。

 

もしかしたら食品アレルギーのことも!?

人間でも牛乳や卵などの食品アレルギーの人がいるように、猫もアレルギーを持っていることがあります

食品アレルギーとは、ある特定の食材に含まれる成分に対してアレルギー反応を起こしてしまい、下痢、嘔吐、全身のかゆみなどの症状が出ます。

アレルギーの原因となる食材は、牛肉、魚、鶏肉、そして乳製品などがあげられます。

食品アレルギーは自己判断できないので、気になる症状があれば獣医さんに相談するようにしましょう。

まとめ

普通の牛乳は、猫にとっては必ずしも身体にいいというわけではないということがご理解いただけましたでしょうか。

せっかく栄養があると言っても、体調を崩してしまっては意味がありません。

でも、牛乳の種類や飲ませ方を工夫すれば、猫にとって栄養のある飲み物として飲ませることができます。

様々な体質の猫がいるので、飼っている猫がどのような体質なのかよく観察した上で、牛乳をあげるようにしましょう!

 

猫の飼育に役立つ記事まとめに戻る

 

スポンサーリンク
おすすめの記事