「散歩に行こうか」と声をかけると喜んで飛び跳ねる犬もいるくらい、犬は散歩が大好きです。

犬を飼っていると、散歩は日課のひとつとして毎日おこなっている飼い主さんも多いと思います。

それでは、小型犬で室内で飼われていることが多いトイプードルにも散歩は必要なのでしょうか。

中には散歩に行きたがらない犬もいますが、散歩の必要性やその理由、散歩を嫌がっている時の対処法などをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

トイプードルは散歩が必要なの?その理由は?

犬にとって散歩は運動のためだけではなく、とても大切な時間です。

飼い主としては「ちょっと億劫だな・・・」と感じる日もあると思いますが、飼い主さんが大好きで活発な性格であるトイプードルは、散歩をとても楽しみにしているでしょう。

散歩をすることは「楽しい」だけではなく、他にも理由があります。

運動、ストレス発散など健康を維持するため

トイプードルは室内で飼われていることが多いと思いますが、トイプードルはもともと動くことが大好きで、室内の運動だけでは足りません。

遊び好きで活発なので、ずっと室内にいるとストレスもたまってしまうので、運動とストレス解消のためにも散歩は必要なのです。

社交性を身に着けるため

室内で飼っていると、基本的には飼い主とその家族としか会うことはありません。

トイプードルの性格は明るく友好的なのですが、警戒心が強いこともあり、知らない人や見なれない犬や動物がいたら警戒して吠えてしまうことがあります。

それを解消するためには、散歩で外に出て、飼い主以外の人間や他の犬を触れ合って社交性を身に着けることが必要なのです。

飼い主との信頼関係を築く時間

散歩の時間は貴重なコミュニケーションの時間でもあります。

散歩をする時は、飼い主がリードを持ち、その指示に従って歩かせなければならないので、飼い主と犬の間でしっかりとした主従関係ができることになります。

そのためにも、散歩の際は犬が好き勝手な行動をせず、横について歩くようにしつける時間でもあり、この時間を積み重ねていくことで信頼関係が築いて行けるのです。

散歩をする回数や時間はどのくらい?

天気にもよりますが、毎日1回はお散歩に行くようにしてあげましょう。

お散歩にかける時間は、飼っているトイプードルの体力やその日の体調、気温などによって違いますが、多くの飼い主さんが1回あたり30分程度にしているようです。

まだ足りない!と元気があり余っている場合は、1回の散歩の時間を長くするよりも、1日の散歩の回数を増やすようにしたほうが望ましいです。

1日に1回30分というのはあくまでも目安なので、「飼っているトイプードルの体力と体調」「飼い主さんが散歩にかけられる時間」を考えて決められればいいと思います。

ただ、中には忙しい飼い主さんもいると思いますが、時間がないからと5分程度で切り上げてしまうのは散歩をする意味がなくなってしまうので、忙しくても散歩の時間はきちんと確保してあげるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

散歩の注意点は?

「散歩は必ず1回に〇分」と決める必要はありませんので、季節やその日の体調によって変えても大丈夫です。

犬は人よりも地面に近いところに体があり、地面からの熱を直に受けてしまうので、特に真夏は昼間の暑い時間帯は避け、朝夕の涼しい時間帯に行くようにします。

また、「散歩は〇時に行く」と時間を決める必要もありません。

毎日決まった時間にしか行かないと、犬はその時間になると必ず散歩に行けるものと思うようになります。

飼い主の都合や季節によって散歩に行く時間を変えたい時や、どうしても散歩に行けない時に、「散歩に連れていけ」とわがままを言うようになってしまいます。

散歩をすることが飼い主の負担となってしまってはペットを飼う意味がありませんので、お互いにストレスにならないように融通がきくようにしておきましょう。

散歩を嫌がるときの原因は?

「賢い」と言われるトイプードルは、以前の散歩で嫌な思いをするとそのことをなかなか忘れることができずに散歩を嫌がることがあります。

散歩で嫌な思いをしていなかったか、思い出してみましょう。

  • 他の犬・知らない犬に吠えられた
  • 知らない人に触られた
  • 首輪や洋服が合っていない

他にも次のような原因が考えられます。

  • 天気が悪い
  • 体調が悪い
  • 足腰が悪い
  • 太っていて歩くのが億劫

水に濡れるのを嫌がる犬や、雨の音が怖い犬もいるので、雨が降ると散歩に行きたがらないということも考えられます。

あとは調子が悪かったり足腰が弱っていたりと言った体調面での原因や、肥満が原因で体が重く、歩くのが億劫に感じているのかもしれません。

散歩を嫌がる時はどうしたらいい?

散歩を嫌がっている原因がわかったら、その原因を取り除いてあげればいいわけです。

外に出ると震えだしてしまうほど恐怖心を持ってしまっているようなら、「外は怖くないよ」ということをゆっくり教えてあげます。

犬が人嫌いにならないように、最初のうちは見知らぬ人が触ろうとしたら飼い主が上手に対応するようにし、少しずつ慣れさせるようにしましょう。

散歩のときに好きなおやつを用意してあげて、鼻先にちらつかせながら一歩ずつ歩かせるようにして、少しでも歩いたら大げさに褒めておやつをあげてください。

何度か繰り返していくうちに「散歩は楽しいもの」ということを学習していきます。

また、体調不良や足腰に原因があるならば、病院に連れていってみてもらう必要があります。

肥満の場合は、運動をさせるためにもより散歩の必要性は高くなります。

定期的に健康診断を受けて肥満には注意し、獣医さんに相談しましょう。

まとめ

散歩とはただ外に連れ出すだけではなく、運動や様々な経験をさせたりするためにも、トイプードルにとって必要ということがおわかりいただけましたでしょうか。

毎日連れて行くのは大変ですが、貴重なコミュニケーションの時間でもあるので、楽しいお散歩タイムを過ごせるようにしたいですね。

ただ、外の世界には犬を飼っていない人や苦手な人もいます。

犬へのしつけも大事ですが、それ以上に飼い主さんは最低限のマナーを守って、楽しくお散歩をするようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事