うさぎの丸いおしりはとてもかわいくて癒されますよね。

うさぎ好きの人に特に人気のパーツであるおしりですが、実は汚れが気になっている飼い主も多いようです。

皮膚や毛に汚れが付着したままになっていると不衛生なので、どうにかキレイにしてあげたいもの。

また、あまりに汚れがひどいと健康状態も心配です。

うさぎのおしりを清潔に保つためには、まず汚れる原因を理解しましょう。

おしりの上手な拭き方や汚れを防ぐためのお世話のコツも併せて紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

うさぎのおしりの汚れの原因には何がある?

うさぎのおしりが汚れているなと思ったら、まずは原因を突きとめましょう。

うさぎのおしりが汚れる原因には、以下のようなものがあります。

  • うさぎ特有の「盲腸便」で汚れている
  • 体調不良で軟便や下痢になっている
  • ケージの掃除が不十分

それぞれについてもう少し詳しく見てみましょう。

うさぎ特有の「盲腸便」で汚れている

うさぎは消化しきれなかった栄養を含んだ「盲腸便」という特殊な糞をし、それを食べることで栄養を補っています。

盲腸便は健康なうさぎであれば毎日のようにするので、それが原因でおしりが汚れているのであれば問題ないようです。

ただし、盲腸便は残さずに食べてしまううさぎがほとんどです。

いつも盲腸便でおしりが汚れている状態なのであれば何か不調があるのかもしれません。

肥満やエサが合っていない可能性もあるので、盲腸便によるおしりの汚れが続く場合は動物病院などで相談してみましょう。

体調不良で軟便や下痢になっている

もしうさぎが軟便や下痢をしているようであれば、一刻も早く動物病院で診てもらう必要があります。

うさぎの便の不調には大きな病気が隠れているケースが多いので、くれぐれも放置しないように注意してください!

ケージの掃除が不十分

ケージの掃除を怠ってしまうと、うさぎが糞や尿を踏んだ状態が長時間続くため、足やおしりが汚れます。

不衛生な環境ではうさぎが病気や皮膚の炎症にかかってしまう可能性があるので、まずはケージ自体をきれいにするよう心がけましょう。

既に汚れてしまったうさぎのおしりは、次に紹介する方法できれいに拭いてあげてくださいね。

うさぎのおしりの上手な拭き方

うさぎのおしりの汚れをきれいにしたいとき、一番安全で手軽なのが「おしりを拭く」方法です。

お風呂に入れるやり方などもありますが、うさぎの体に負担がかかってしまうため極力行わないようにします。

うさぎのおしりを拭くときは、水が苦手なうさぎのために乾いた布か固く絞った布を使ってください。

水がしたたり落ちるくらいまで濡れている布だと、うさぎの皮膚が濡れてしまい嫌がる可能性が高いです。

うさぎがおしりを拭くのを嫌がるようであれば、バスタオルなどでうさぎの上半身を覆い、目の前が見えない状態にすると落ち着いてくれるようです。

また、うさぎがストレスを感じる可能性があるので、長時間おしりを拭き続けるのは避けた方が良いでしょう。

なかなか汚れがとれないようであれば、次の日に持ち越しても大丈夫です。

何日かかけて拭き取ることで、飼い主もうさぎも無理をせずおしりをきれいにすることができますよ。

スポンサーリンク

うさぎのおしりを清潔に保つお世話のコツ

うさぎのおしりを布で拭いてきれいにする方法を紹介しましたが、日々のお世話で汚れを防ぐことができればそれに越したことはありませんよね。

うさぎのおしりを清潔に保つためのお世話のコツは、グルーミングのやり方にあります。

うさぎをグルーミングしてあげるとき、おしりまではチェックしていないという人が多いのではないでしょうか?

実は、おしりは毛玉や汚れが付きやすいため、他の部分よりも念入りにグルーミングしてあげた方が良いのです。

グルーミング時、おしりに少し汚れがついてきているなと思ったら、柔らかいラバーブラシなどでおしりの毛をとかします。

軽い汚れであればそれだけで取ることができますし、毛玉に汚れが蓄積して不潔になるのを防げます。

また、うさぎ専用のグルーミングスプレーで毛をほぐしながらお手入れしてあげることで、汚れを浮かせて優しく取り除き、毛や皮膚を清潔に保つこともできますよ。

まとめ

うさぎのおしりの汚れは蓄積してしまうと落とすのが大変です。

おしりの汚れは拭いて落としてあげるのが一般的ですが、落としきれない場合やうさぎの体調に不安が残る場合は動物病院で診てもらいましょう。

汚れをきれいにするだけでも対応してくれる病院は多いので、飼い主も無理をしないで相談するのが一番です。

また、うさぎのおしりや糞は健康状態をよく表しています。

うさぎの体調を確認するためにも、毎日のお世話でおしりをチェックする習慣をつけておきましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事