飼い猫をお風呂に入れてあげるべきかそうでないのか?

初めて猫を飼い始めた人にとってはとても疑問なことですよね。

お風呂に入れてあげないと不潔ではないのか?衛生面で気になるところです。

今回は猫のお風呂の必要性、また適切なお風呂の入れ方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

猫にお風呂は必要なの?

猫をお風呂で清潔にしたい!と思うかもしれませんが、必ずしも猫にお風呂は必要ではありません。

それは

  • 猫はあまり臭くならない
  • 水を嫌いやすくストレスになる

ということからです。

猫によっては足でちょっとした水たまりを踏んだだけで異常に嫌がる猫もいるくらい水を苦手としやすい動物なのです。

動画サイトなどで、人間のように湯船でゆったり浸かるという猫を見かけることもありますが少数派ですので飼い猫が水嫌いであってもあまり気にする必要はないのです。

 

猫のお風呂の頻度は?

もし、猫が水を嫌がらないのであればお風呂に入れてあげることも構いませんが人間のように毎日というわけにはいきません。

頻繁にシャンプーをすると汚れどころか、本来あるべき肌のバリア機能を弱めてしまい抵抗力を弱くする可能性があります。

目安としては、短毛の猫で年に1回、長毛で2~3回くらいにしておくと良いでしょう。

基本的には猫自身のグルーミング(毛をなめて整える行為)や飼い主のブラッシングのみで大丈夫です。

 

↓コチラの記事も参考に

スポンサーリンク

猫のお風呂の温度は?

猫は皮膚も薄く、弱いためお風呂の温度は低めにしましょう。

だいたい35℃前後が良いようです。

人が入る温度にしては少しぬるすぎるなぁと感じるくらいでしょう。

猫のシャンプーは何がいいの?

人間用のシャンプーを刺激が強く、猫には適応していません。

猫用のシャンプーが市販されているのでこちらを使うようにしましょう。

シャンプーと一緒にリンスも合わさった物であれば短時間でお風呂の時間を済ませられるのでとても便利です。

また、皮膚病を患っている場合はより低刺激の医療用シャンプーがありますので動物病院などで指示を受け、購入をするようにしましょうね。

もし水を嫌がる猫で汚れがひどい場合であれば、ドライシャンプーという水を使わずにきれいにできるものもありますのでこちらを使ってみてはどうでしょうか。

 

↓コチラの記事も参考に

猫をお風呂に入れるとノミ駆除になるの?

お風呂に入れることによって、毛の中に潜り込んでいるノミを洗い流し、駆除することはできます。

ただし、ノミを100%駆除することはとても難しいので“ノミを減らした”といった方が良いのかもしれません。

ノミが気になるからと言って頻繁にお風呂、シャワーをしたとしても猫のためにはなりません。

肌を弱めたり、ストレスを与えたりする事になり逆効果です。

ノミが気になる場合がノミ取り用クシでこまめに取り除いたり、病院でノミ駆除薬を処方してもらう方が良いでしょう。

 

↓コチラの記事も参考に

猫のお風呂の入れ方は?

では、年に数回のお風呂ですがテキパキとこなすためにも洗い方をしっかり覚えておきましょう。

長時間のお風呂は猫にとって大ストレスです。

  1. シャワーなどで軽く体全体を濡らします。
  2. シャンプーを泡立て汚れているところをメインに優しく洗います。
  3. シャワーできれいに流します。泡が残らないように気を付けます。
  4. タオルでしっかり拭きましょう。
  5. 低温のドライヤーで乾かしますが、嫌がる場合はタオルでしっかり拭くのみで大丈夫です。

お風呂上りは出来るだけ毛が乾くまでは暖かい部屋で過ごさせてあげることも必要です。

 

猫がお風呂を嫌がる時は?

お風呂を嫌がる、水を嫌がる猫であれば無理をして入れる必要はありません

無理に入れることによって大きなストレスとなり、飼い主を“怖い、危険”と警戒して避けてしまうことにもなりかねません。

おそらく猫を長年飼っていても“臭うな”と感じることはあまりない事なのでお風呂の必要性自体を感じないかもしれません。

もし排泄物などで汚れた場合はきちんと拭き取ってあげることによって解決します。

まとめ

猫にとってお風呂は必ずしも大事な事ではないことが分かりました。

人にはリラックスの場である気持ちの良いお風呂も、猫によっては逆効果であることも分かりましたね。

ご自宅の猫に合ったお風呂の入れ方をしてあげてくださいね。

 

猫の飼育に役立つ記事まとめに戻る

 

スポンサーリンク
おすすめの記事