• 小動物
    小動物の飼育に役立つ記事まとめ
    2017年12月9日
  • クワガタ
    クワガタの飼育に役立つ記事まとめ
    2017年8月5日
  • カブトムシ
    カブトムシの飼育に役立つ記事まとめ
    2017年7月28日
  • 金魚
    金魚の飼育で悩んでいる人に読んで欲しい記事まとめ
    2017年7月22日
  • メダカ
    メダカの飼育で悩んでいる人に読んで欲しい記事まとめ
    2017年5月15日
  • デグー
    デグーの飼育方法まとめ
    2018年2月4日
  • グッピー
    グッピーの飼い方
    2018年1月21日
  • オカメインコ
    オカメインコの飼い方まとめ
    2018年1月27日
  • ウーパールーパー
    ウーパールーパーの飼育方法
    2018年1月21日
  • 猫の飼育に役立つ記事まとめ
    2017年11月22日
  • セキセイインコ
    セキセイインコの飼育方法まとめ
    2018年2月4日
金魚の薬浴の正しい方法と気を付けるべき事

「金魚の薬浴」というものをご存知でしょうか。

金魚を飼育していると、病気にかかってしまうことも少なくありません。

放っておいたら、病気が悪化して最悪の場合死んでしまうこともあります。

金魚の病気は、人間と同じように薬で治すことができます。

その方法が「薬浴」です。

それでは、金魚の病気を治すための「薬浴」についてご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

薬浴って何?

薬浴とは、金魚が病気に罹った時、薬を入れた水槽で一定期間経過を見ながら飼育することを言います。

薬浴には、病気の症状に応じた専用の薬を使います。

病気の種類や程度によっては、食塩を使った応急的な薬浴でも効果が得られる場合があります。

早期に治療すると回復も早いので、病気の症状が現れたらできるだけ早めに薬浴を開始しましょう。

薬浴に必要なものは?

薬浴をするには、次の物が必要になります。

  • 網(金魚を移動させるのに使用)
  • 薬浴用の水槽(水量は多く、水深は浅いものがよい)
  • 薬(病気の種類に合わせたもの。わからなければペットショップなどで症状を相談するとよい)
  • エアレーション
  • ヒーター
  • 水温計

ヒーターで水温を28℃~30度くらいにすると病原菌が繁殖しづらくなり、薬浴の効果も高くなります。

できるだけこの水温で薬浴することをお勧めします。

 

↓コチラの記事も参考に

金魚にヒーターは必要?選び方や代わりになるものについて
2017.12.23
金魚は日本全国どこでも見られ、四季が豊かな日本の気候でも飼育しやすい魚なのですが、金魚を飼育するのにヒーターは必要なのでしょうか。 ヒーターで水温を保てば、金魚が快適に過ごしやすい環境になるので、飼育しやすくなります。 特に金魚飼育の初心者の方はヒーターの導入も考えてみたいところだと思いますが、金魚...
スポンサーリンク

どんな金魚に薬用が有効なの?

薬浴は最後の手段ではなく、金魚に病気が疑われた場合はできるだけ早期に治療を開始することが回復への近道となります。

普段から金魚をよく観察し、いつもと違う泳ぎ方をしている、餌を食べない、水面近くでボーッとしている、体の色がおかしい、変な模様が出ているといった場合は注意してください。

金魚の病気は、大きく3種類に分けることができます。

  • 細菌性の病気(尾腐れ病、松かさ病など)
  • 原生生物による病気(白点病など)
  • 寄生虫による病気(イカリムシ、ウオジラミなど)

それぞれの病気の種類に適した薬があり、どの系統の薬を選択するかが重要になってきます。

ペットショップなどで相談してみましょう。

 

↓コチラの記事も参考に

金魚に寄生虫が!原因・駆除方法・対策について
2018.1.1
赤いボディーが可愛らしい金魚。 古くからペットとして親しまれており、夜店の金魚すくいなどがきっかけで飼い始めた経験がある人も多いと思います。 しかし、金魚の飼育で避けられないのが「寄生虫」の問題です。...
金魚の白点病は自然治癒する?治療法と予防法について
2017.12.23
金魚を飼っていたら、ある日突然金魚の体に白い点ができてきてビックリした・・・ということはありませんか? これは「白点病」という病気かもしれません。 白点病は珍しいものではなく、金魚の病気の中ではもっと...
金魚が松かさ病に!原因と治療法は?
2017.12.23
水槽の中を気持ちよさそうに泳ぐ金魚たち。 「あれ?少し様子がおかしい金魚がいるような気がする・・病気なの?」心配ですよね。 口がきけない金魚たち、私たちが少しでも早く異変に気づいてあげたいものです。 そんな金魚の病気のひとつ「松かさ病」について調べてみました。 松かさ病って何? 「松かさ」はちょっと...
金魚が白くなる原因は?どんな病気が考えられるの?
2017.12.23
小さな、小さな可愛い金魚。 元気いっぱいに泳いでいる様子は、とても癒されますよね。 だけど、実は金魚って案外デリケートだったってこと、ご存知ですか? 日頃からよく観察することがとても大切なようです。 金魚によく見られる病気をいくつか勉強してみましょう。 金魚が白くなる原因は? 「あれ?金魚の体が白く...

薬浴の方法は?

病気の金魚を別にする

まずはほかの金魚に感染しないよう、病気の金魚を別の容器に隔離します。

薬浴用の水槽に水を用意する

飼育していた水と同じ水温の水を用意します。

水温に差があると、ただでさえ弱っている金魚には余計なストレスとなってしまいます。

病気に合わせた薬を入れる

病気の種類に合わせた薬を水槽に入れます。

薬が多ければよく効くというわけではないので、説明書の指示の通りに使用してください。

金魚を入れる

用意した薬入りの水槽に病気の金魚を入れます。

エアレーションをする

水流を作らないよう、弱めに設定してエアレーションを動かします。

薬が入っているのでろ過装置は使用しません。

金魚を戻す

薬浴の期間が終了して元気になったようなら、金魚を元の水槽に戻します。

 

薬浴はどの位の期間すればいい?

使用する薬の説明書に使用期間が書いてあります。

だいたいの場合は2日~7日間くらいです。

数日経っても効果が現れない場合は、水換えを行って再び薬浴をさせます。

薬浴の時に水換えをしても大丈夫?

水槽内の環境が悪い(水質が悪い)と、金魚の免疫力も低下してしまいます。

餌やりは控えてできるだけ水質が悪くならないようにしますが、薬浴中はろ過装置も使えないので、水質の維持は水換えによって行う必要があります。

薬浴を始めて3日ほどは換えない方がいいですが、もし水質が悪くなっているようなら水換えをしましょう

薬浴の時に餌をあげてもいい?

薬浴中は、水質の悪化を防ぐためと、餌を消化するのにも体力を消耗してしまうため、餌をあげるのを控えます

金魚は1ヶ月くらい餌を食べなくても生きていられます。

病状が回復して薬浴を終了してから餌を与えるようにしましょう。

薬浴中に酸素は必要?

酸素は金魚の治癒力を高めるためにも必要なので、薬浴中でも酸素は必要です。

水温を上げていたり、薬が入っていると、酸素は水に溶けにくくなっています。

エアレーションで酸素を十分に送り込んであげましょう。

 

↓コチラの記事も参考に

金魚にエアレーションは必要?無くても飼育は可能なの?
2017.12.23
金魚を飼うにあたって必要なものを調べてみると、その中に「エアレーション」というものがあります。 金魚すくいの水槽や、お店などで魚を飼っている水槽には、ブクブクと泡が出てくるエアレーションが使われていますよね。 でも自然の中で魚が生きている場所ではそんなブクブクがないところもあるし、本当に必要なものな...
金魚へ酸素を供給する方法と不足した時の症状と解消法について
2017.12.23
鮮やかな色の綺麗な体で気持ちよさそうに泳ぐ金魚、見ているだけで癒されますよね。 だけど「あれ?口をパクパクしてる・・苦しいの?」 「酸素が足りない?そういば、金魚ってどんなふうに酸素を取り込んでいるの?そもそも必要なの?」 そんな金魚と酸素のことについて考えてみたいと思います。 金魚に酸素は必要なの...

薬浴で病気が治らないのはなぜ?

薬浴を続けてもなかなか治らないなら、次のような原因が考えられます

  • 水質が悪い
  • 水温が低い
  • 薬の使用期限が切れている
  • 耐性菌ができてしまった
  • 病気が進行してしまい末期症状である

薬を再投与する場合は水換えをしましょう。

その際は水温を合わせることなど、いつも以上に気をつけてください。

金魚の薬浴からの戻し方は?

水合わせをしてから元の水槽に戻します。

まず薬浴していた水を3分の2ほど捨て、元の水槽の飼育水(水温をあわせておく)を数回に分けて少しづつ補充します。

元の水槽の水が減るので、そちらにはカルキ抜きした水を補充しておきましょう。

7~8割ほど元の水槽の飼育水が入ったら、金魚を薬浴水と一緒に元の水槽にやさしく入れてあげましょう。

若干の薬浴水が元の水槽にも入ることになりますが、十分に希釈されるため問題ありません。

まとめ

水温や水質をきちんと管理することが金魚飼育の基本であり、それが病気の予防になることは言うまでもありません。

それでも、特に水温が変化しやすい季節の変わり目などは、金魚の抵抗力も弱まって病気を発症しやすい時期なので注意が必要です。

もし金魚が病気かも?と感じたら、できるだけ早めに治療をしてあげましょう。

そのためには、普段から金魚の様子をよく観察しておくことが大切ですね。

 

金魚の飼育で悩んでいる人に読んで欲しい記事まとめに戻る

 

 

スポンサーリンク
金魚の関連記事
  • 金魚の飼育で悩んでいる人に読んで欲しい記事まとめ
  • 琉金の特徴と種類・寿命、飼い方について
  • 金魚に寄生虫が!原因・駆除方法・対策について
  • 新しい金魚にはトリートメントが必要?正しい方法と注意点
  • 金魚の丹頂の特徴と飼育方法について
  • 金魚に砂利は必要?効果と種類、食べる時の対策について
おすすめの記事
ハリネズミの針が抜ける原因と対処法
ハリネズミ
急にハリネズミの針が抜けていることに気が付いたら当然驚いてしまいますよね。 まずは、病気であるのではないかととても心配になってしまいます。 ...
デグーの種類別の値段と特徴について
デグー
ハムスターに似た可愛い見た目とリスのような動きが、とっても愛らしい、デグー。 小さな体で実はとても賢く、飼い主に懐くことでも注目を集めていて...
ウーパールーパーの種類別の値段と特徴
ウーパールーパー
1980年代にCMなどで一世を風靡した、ウーパールーパー。 ゆるキャラのようなあどけない表情が、とても可愛いですよね! 水の中をゆっくり動く...
クワガタの飼育に役立つ記事まとめ
クワガタ
カブトムシよりクワガタの方が好き!! って方も多いのではないでしょうか? けどカブトムシを育てたことがあるといってもクワガタも一緒なようなも...